漫画ネタバレ

しょせん他人事ですから【ネタバレ】5話和解条項に従って動産執行を行いますと淡

ituwarinoai漫画ネタバレ

しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~
白泉社から出版されている雑誌黒蜜に掲載されています。【原作:左藤真通|作画:富士屋カツヒト|監修:清水陽平】 「しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~」5話ネタバレ感想です。
前話のしょせん他人事ですから 4話はこちらから<<<


syosentaningoto

いろんな漫画が読みたい!!っていう方は無料登録で
漫画が無料で読めますよ!
U-NEXT公式サイト
31日以内に解約すれば、0円です。

しょせん他人事ですから【ネタバレ】5話和解条項に従って動産執行を行います

木下の旦那さんの浩之は、トイレをしながら車の雑誌を開いてボーナスかなり出るし、溜め込んだヘソクリ30万円、あとはお小遣いを5千円減らすと言って、車の購入の件をママに説得しようと考えていました。

その時、玄関の方からドタバタと音がしていたのを聞いた浩之は、トイレを済ませてドアを開け、ママどうしたの?と聞いたのだ。

一方、いきなり入って来た二宮を目の前にした木下は玄関でしゃがみ込んだまま、何ですか?あなたたち、警察呼びますよ!と叫んでいたのです。その光景を見た浩之は思わずビックリしてしまいました。

二宮は木下に向かって、動産執行官で既に裁判所の許可は取っていますからと淡々と言ったのだ。すると、浩之は慌てて玄関に走って行き、二宮にお宅を間違えていませんか?俺に任せてママは来海の元に行ってと言ったのです。

その時、二宮が話があるならこちらの弁護士へと言いながら、後ろに隠れていた保田を見て言ったのだ。

保田が二宮の背後から、どうも~と言いながら手を振りニコニコしながら登場したので、木下は保田を見て口を塞いで絶句してしまいました。

パニックになっている木下を見た浩之がママどうしたの?と尋ねると、木下はあとで必ず払いますからと半泣きの状態で答えたのです。

木下の家族に誹謗中傷の事がバレてしまい

すると、保田は浩之に名刺を差し出して、弁護士の保田ですと改めて挨拶をしたのです。浩之は突然のことに戸惑いを隠せないまま、何かウチに問題でもあるのですか?と保田に聞いたのだ。

保田は奥さんがある方にネットで誹謗中傷をしていまして提訴されていて、裁判にて和解になりましたが、賠償金が滞納しているんでと淡々と説明しました。

その話を聞いた浩之は、提訴!?裁判?とパニックになってしまったのだ。すると、木下は浩之の肩に手を当てながら、違うのパパ!あとでちゃんと話をするからと言ったのですが、浩之はうるさいな!ちょっと静かにしてよ!と妻の木下に強い口調で言ったのです。

保田は、取り乱している浩之に向かってまぁ落ち着いて下さい、犯罪者になったわけじゃないですからと言ったのだ。

すると、浩之は頭を抱えながら、ちょっとすいません、情報が多すぎてと言って、顔を両手で覆いながら下を向いていました。

そんな浩之に弁護士の安田がそうですよね!と笑顔で言って、鞄から書面を取り出し差し出して見せたのです。それを見た浩之は、これは上の階の桐原さんのブログですよね?と言ったので、保田がそこのコメント欄を見て下さいと言ったのだ。

そのコメントを見た浩之が酷いですねと言ったら、保田がそれを書いたのは奥さんですよ!とニコニコしながら言ったのです。

浩之は保田の言葉にビックリしてしまい、えっ?と驚きながら奥さんに、本当に?ママ嘘だよね?と慌てた様子で聞きました。

木下が何も言えずにいたら、二宮が桐原さんと奥さんは和解していましたが、賠償金が遅れているので、和解条項に従って動産執行を行いますと淡々と説明しました。

そして、二宮が部屋の中へと遠慮なく入って行くと木下が、失礼じゃない?事前にお知らせしてくれても、と言うと二宮は事前にお知らせしなくていいんですよと冷たい口調で言ったのだ。

すると、木下の家の前にいる保田や二宮や他の捜査官が出入りしていることに気が付いたマンションの住民たちは、凄いことになってるけど、何なの?とみんなで木下の噂をしていました。

こうして旦那さんや友人たちやご近所さんにバレてしまったのだ。

一方、木下の自宅では二宮たちが色々と調べている光景を、浩之は来海に見せないように娘を抱きしめていたのです。

木下の旦那の浩之はパニックになり

浩之は心の中で、誹謗中傷?裁判?ママが?といまだに現実を受け止められない状態でした。すると、浩之は来海を抱っこしたまま、二宮に今からATMでお金をおろして来るので、それでいいですか?と取り乱しながらお願いしたのだ。

二宮は、立場上言えないですが、回収できたら終わりですと答えたのです。

その言葉を聞いた浩之は、ドタバタと廊下を走り家から飛び出し、走っている途中に会社に電話をし、朝からすいません課長、妻が体調が悪くて今日の出張はと、汗と涙を垂らしながら言ったのです。

課長は取り乱している浩之の雰囲気が異様なことを察して、こっちは何とかするからまた落ち着いたら連絡しなさいと言いました。

そして、浩之はお金をおろして家に戻り、封筒に入った札束を保田に渡し頭を下げていたのです。

そのあと、近所の公園で待っていたこずえと合流した保田は、さっきのお金をこずえに渡したのだ。

こうして事件は幕を閉じたのでした。

その夜、木下夫婦はコンビニのお弁当を食べていました。

木下は浩之に向かって、パパありがとう本当に反省しているからと謝罪したのだ。しかし、浩之は都成で話かけてくる娘のことも無視して、頭を抱えながらずっと下を向いていたのです。

その時、木下がテーブルから立ち上がり、熱いお茶入れて来るねと言ったのだ。続けて、木下が前に言ってた車のことだけどと普通に話をしていたら、突然浩之がしばらく家から出て行ってくれと言ったのです。

その言葉に木下が、えっ?と驚くと浩之が詰め寄って来て、木下の両肩に手を当てながら、弁護士さんは犯罪者じゃないと言ったけど、君は犯罪者みたいなものだ!と強い口調で言い放ちました。

桐原さんに酷いことを書き込んで、裁判を起こされてもしらバックレようとしたんでしょ?そんな人に来海を預けられないし、君は異常だよ!と泣きそうになりながら言ったのです。

すると、木下は一瞬ハッとした顔をしたあと、何?あなただって全部子供の世話を押し付けて、お皿1枚だって洗ったこともないじゃない?全部私が悪いの?それにネット見てよ、みんな桐原が悪いって言ってるんだからと言いながら、木下は近くにあったパソコンを開いていました。

木下はこずえのブログを見せながら、見てよ!と浩之に言ったのだ。そんな木下を見た浩之は呆れた様子で、もうネットとかの問題じゃなくて、現実の話だしこれは僕らの問題なんだよ!と興奮しながら言ったのです。

すると、木下は何も言い返すことができませんでした。

その時、浩之がいきなり大きな声を出したので来海がビックリして泣いてしまい、浩之は娘を抱っこしました。

そして、浩之はソファーに座り、何かあったらネットじゃなくて僕が話を聞くし、僕が受け止めるからもう一度ちゃんと謝罪に行こうと言ったのです。

その言葉に木下がどうしてそこまであなたが?と尋ねると、浩之は他人事じゃないし、僕らは家族だからと言ったのだ。

その浩之の優しい言葉に木下は膝から崩れ落ち、泣きながら本当にごめんなさいと謝ったのでした。

一方、こずえの実家では

その頃、こずえの実家では家族や親戚が集まり、豪華な夕食とお酒でこずえの事件解決をみんなでお祝いしていました。

その時、みんなが終わって良かったと話ていたのですが、こずえは内心まだ私に取っては過去の話じゃないのにと思ってしまい、浮かない顔をしていました。

しばらくしてこずえは席を立ち、洗面所に行き1人になり自分の顔を見ていました。

すると、そのタイミングで旦那さんからこずえのスマホにメッセージが入り、さっき木下さん夫婦が菓子折りを持って謝罪に来たよ、だけど引っ越すから結構ですと突き放したんだと書いてあったのです。

こずえはそのメッセージを見たあと、水を出して自分の顔をバシャッバシャッ洗いながら、辛いししんどいしあの頃に戻りたいと思ってしまったのだ。

その時、こずえは一瞬保田が言っていた、しんどいですよ、あなたの気持ち次第ですよ、僕は桐原さんの意見を尊重します、などと言った保田の数々の言葉を思い出していたのです。

また、こずえはあの人初めから本当のことしか言ってなかったんだ、酷い掛け軸だったし、絶対印象悪いのにと思いながら、しょせん他人事かと笑いながら、こずえは鏡に映る自分を見て呟いたのだ。

そして、こずえはそのあと保田法律事務所のサイトの口コミに、正直すぎてビックリするけど、誠実だし本当に悩んでるならオススメです!と書き込んだのだ。

数日後、保田はいつものように依頼者の話を適当に聞いていたので、依頼者は怒って帰ってしまいました。すると、保田は加賀美に向かって、依頼者からカス、ゴミって言われたと笑いながら言ったのだ。

怒られても相変わらずヘラヘラしていたので、隣で見ていた加賀美は、私はこの人について行って大丈夫かな?と不安そうな表情を浮かべていたのです。

漫画を無料で読む方法は?

漫画は、電子書籍配信サービスの他に動画配信サービスでも読むことができます。無料お試しでもらえるポイントを使えば、タダで漫画が読めることもあります。ぜひ参考にしてください。



無料会員登録で無料漫画が3000作品以上!!

公式サイトはこちら


 

無料お試しが31日間で600円分のポイントGET!
さらに作品購入でポイント40%還元

公式サイトはこちら



無料会員登録で50%off。無料作品も豊富
PayPayを使うとキャッシュバックも
公式サイトはこちら

まんがを無料で読みたい時の一番のおすすめは、U-NEXTです!U-NEXTは、31日間の無料トライアル期間があります。この無料トライアルで登録すると、600円分のポイント もらえます!期間中に解約すれば大丈夫です。申し込み時に何日までって表示が出ますので安心ですね。

この600円分のポイントを使って、U-NEXTでまんがが無料で読めますU-NEXTは、マンガを読むだけではなく、映画やドラマの動画配信も種類がたくさんあります。アニメもあり無料で視聴できるものがたくさんあります。

たっぷりの無料期間で31日間U-NEXTの動画を無料で楽しめます。ぜひぜひ、U-NEXTの31日間無料トライアルを試してみてください!

違法サイトにはご注意!
マンガを無料で読めるようなサイトは違法サイトです。
違法サイトを見た人本人も罪に問われる危険性とウィルス感染の可能性もあります。
こちらで紹介している配信サービスで、ポイントなどを使って安心して漫画を楽しみましょう。ぜひ試してください。

しょせん他人事ですから5話~とある弁護士の本音の仕事~感想

木下の旦那さんにしたら、まさか奥さんが!?と思ってしまうのも凄く共感できたし、夢じゃないのかと思ってしまうのも納得でした。

あと、旦那さんが今回全て解決したあと、出て行ってと奥さんに言った気持ちを考えると、好きなパートナーにこんな風に言わないといけないのは辛いだろうなぁっと思ったし、自分まで読みながら複雑な気持ちになりました。

また、旦那さんがやり直そう家族だからと言った言葉がとても印象深かったし!何より木下は愛されているし幸せな奥さんだと感じました。

木下を見ていたらネットのコメントもそうだけど、普段誰かと話をする時でも、やっぱり言葉や言い方を気を付けて話さないと、誰かを知らない間に傷つけてしまうのかもしれないと痛感したし、自分も気を付けようと勉強になりました。

こずえも大変なトラブルに巻き込まれたけど、そんな中で保田という弁護士に出会えたことだけは良かったのかな?とふと思いました。

保田のマイペースな部分と真面目な仕事っぷりを是非とも見て欲しいし、これからもっと見たいなぁっと感じました!

つづきのしょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~6話はこちらから>>>

まとめ

しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~5話のネタバレと感想でした。いろんな漫画や動画などを楽しみたい時はU-NEXTの31日間の無料トライアルで、無料で読む方法もありますのでぜひお試しください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました