漫画ネタバレ

しょせん他人事ですから【ネタバレ】12話 情報だけはネット上に残っているけどね

ituwarinoai漫画ネタバレ

しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~
白泉社から出版されている雑誌黒蜜に掲載されています。【原作:左藤真通|作画:富士屋カツヒト|監修:清水陽平】 「しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~」12話ネタバレ感想です。
前話のしょせん他人事ですから 11話はこちらから<<<


syosentaningoto

いろんな漫画が読みたい!!っていう方は無料登録で
漫画が無料で読めますよ!
U-NEXT公式サイト
31日以内に解約すれば、0円です。

しょせん他人事ですから【ネタバレ】12話 情報だけはネット上に残っているけどね

あれから半年後、「七色おっちゃん」の中山が在籍していた会社のリーガルクラフトでは、中山の部下だった田浦たちが、喫煙室でタバコを吸いながら話をしていました。

同僚の男性社員が田浦に、あれから中山さんと連絡とか取ってるんですか?と聞いたら、田浦は七色のおっちゃんに?いや、取らないでしょ~と笑いながら言ったのだ。

その時、中途採用で入った城田がその話を聞いて、2人に向かって七色のおっちゃんって?誰のことなんですか?と質問したのです。

すると、田浦があのヌーヌーの炎上事件、犯人の1人がうちの部長だったんだよと言ったら、城田がヌーヌーの炎上事件?あまりテレビとか見ないので知らなかったと言ったのです。その話を聞いた田浦たちは、トレンド入りしてたし、結構話題になってたよな~と城田に話をしていました。

炎上はすぐ次へ移って

その頃、保田法律事務所では、加賀美がスマホを見ながら保田に向かって、もう世間はヌーヌーの炎上事件は忘れたように、他の炎上で盛り上がってますよと言ったのだ。

すると、保田が流れは早いよね、炎上の渦中にいると自分が世界の中心に思ったりするけど、実際は世界のほんの一部で、コミュニティがズレたら誰も知らなかったりするもんだよと話をしたのだ。

その話を聞いた加賀美は、確かに自分の親とかも知らなかったな~と言いました。その時、保田はだけど情報だけはネット上に残っているけどねと言ったのです。

リーガールクラフトの中山の情報はネットには残って

その頃、リーガルクラフトでは、城田がさっきの田浦たちの話が気になり、会社のパソコンで七色のおっちゃんを検索していました。

検索結果をみた城田は、中山が会社をクビになったことやいじめ説を見て、へぇぇ~と驚きながら頷いていたのだ。

その日の夜、中山の自宅ではリビングで家族が夕食を食べていました。その時、テレビからネット上で爆破予告した男性が逮捕されたというニュースが流れてきて、母親は娘に番組を変えてと言ったのです。

重い空気が流れる中、中山は先に食事を済ませて自分の食器を洗い、部屋から出て外へ散歩に行きました。そして、中山は公園のベンチに座り、1人でスマホを見ていました。

中山はその時、スマホに流れるある映像を見て、驚きを隠せずにいたのです。

ヌーヌーの復活ライブでサプライズ

その頃、武道館ではヌーヌーが復活ライブを開催していました。

リオとリホは会場のファンに向かって、戻って来たぜ~!盛り上がっていこ~!今日までありがとう、嫌なことは忘れてみんなでヌーヌーしよう!と叫んでいたのだ。すると、会場も一気に盛り上がっていました。

また、ネットでもライブが配信されていて、会場に行けなかったファンたちも、それぞれの場所から配信で盛り上がっていました。

そして、ライブが終わる直前にリオが、今回の事件で僕たちを支えてくれていた、サプライズスーパーゲストを紹介するぜ!と叫びました。

お世話になった保田法律事務所の保田ちゃんと加賀美ちゃんです!と2人の名前を大きな声で呼んだのだ。ライブに来ていた保田と加賀美にいきなりスポットライトが当たったので、2人は思わず拍子抜けしてしまいました。

加賀美はサプライズで自分の名前を呼ばれて、ええぇ!?と声を上げてしまい顔を真っ赤にしていました。

また、リオとリホが加賀美たちの元にやって来て、手を差し出してステージに上がるように言ったのです。まさかの展開に加賀美は1人パニックになりながら、隣にいた保田に向かって、先生~どうしよう!?とあたふたしていたら、さっきまで隣にいた保田の姿がなかったので加賀美は、先生?いないの~と言いながら更に困惑してしまったのだ。

そして、加賀美はリオとリホに手を取られて、えっ嘘!と言いながらそのまま舞台に上がったのでした。

加賀美が舞台に上がるとリオとリホが、ここにいる彼女が陰の功労者です!とファンに向かって言いました。

そして、リオが加賀美に向かって、今日のライブはどうだった?と聞くと加賀美はマイクを握り、私はヌーヌーが出始めてからずっとアルバムを買っていて、メジャーになってからもずっと大好きで、歌を聞くと勇気がもらえるし、と自分がファンになった経緯やヌーヌーの好きな気持ちを真面目にペラペラと話出したのです。

すると、会場にいたファンは加賀美の話を聞いて、えっ?となり一瞬ザワついていました。

その空気を察した加賀美は、すみません!そんな話じゃなかったですよね~と恥ずかしそうに謝ると、リオとリホをはじめファンの人たちから笑いが起きたのです。

そして、加賀美は気を取り直して、芸能人は人の前に立つ仕事だから、見えない苦労もいっぱいあると思います!でも私はこれからも、ヌーヌーのファンとして死ぬまで応援したいし、大好きです!と舞台の上で宣言したのだ。

その瞬間、会場からも大きな声援が起きて、ファンからも大好き!とか、ヌーヌー最高!という声が響き渡っていました。

また、リホは加賀美の言葉やファンの声援に思わず涙を流してしまったのです。リホの涙を見たリオは、リホが泣きました!と冗談っぽく突っ込みを入れると、リホはうるさいなと言い返していたので、会場からは笑いが起きていました。

そのあと、リオが加賀美に向かって、俺たち何かお礼したいんだけど、何かプレゼントするよと言ったのだ。

隣にいたリホも泣きながら、何かあったりしますか?と聞いたら加賀美は、本当?とパニックになりながら、それなら写真一緒にいいですか?と、顔を赤らめながら勇気を出して言ったのです。

すると、リオがそんなのでいいの?大丈夫だよと加賀美に言って、加賀美をセンターに挟んで3人で写真を撮ったのだ。

また、撮影する時に加賀美は2人から頬っぺたにキスされたのでビックリすると同時に、もう私死んでもいいと心の中で思ってしまったのです。

その頃、人混みが苦手な保田は、外にあった屋台のクレープ屋さんの前でクレープを食べながら、会場の様子をスマホから見ていました。

保田はキスされて写真を撮って、嬉しそうにしている加賀美を見て、加賀美くんのボーナスは今回はこれでいいなと笑いながら言ったのだ。

そして、無事にライブが終わり、マネージャーがリホにお疲れ様と労いの言葉をかけていました。その時、リオがいなかったのでリホはマネージャーに向かって、リオは?と聞いたら、マネージャーがまだ控え室じゃないかなと言ったのです。

リホは控え室に入り、椅子に座っているリオに背後から声をかけました。リオ?と後ろから肩に手を当てて名前を呼ぶと、リオはボロボロ涙を流して号泣していたのです。

そんなリオにリホは、本当の泣き虫発見だと言ったら、リオが戻って来れてよかったし、ヌーヌーがなくならなくてよかったと泣きながら言いました。

続けて、リオはでも結果的に自分たちが晒し上げて、不幸になった人もいるんだよな~と複雑な心境を吐き出したのです。

その言葉を聞いたリホはリオに向かって、それは私も同じだよ、ずっと2人で背負っていこうねと言いながら、リホはリオを後ろから抱きしめたのです。

新たな炎上は加賀美?

数日後、保田は事務所で加賀美に向かって、世間的にはヌーヌー事件は終わっても、こっちはまだほとんど示談で終わっているけど、提訴も何件か残っているんだよなと言っていました。

一方、加賀美はデスクでスマホを見ながら、手をガクガク震わせて動揺していたので、その姿を見た保田が、加賀美くんどうかした?と聞いたのです。

すると、加賀美が保田にスマホを見せながら、こないだのライブでのキス写真が、ちょっと炎上しているんですと困った表情を浮かべながら言ったのだ。

その書き込みには、あの女ムカつくとか調子乗るなよ、など様々な意見が書き込まれていました。

加賀美はスマホを持ったまま、先生!どうしよう~とパニックになっていたら、保田はデスクに座ったまま、それは大変だね、ご依頼やご相談はメールでお願いしますと淡々と言ったのです。

そんな保田に対して加賀美は、鬼~!と怒っていたのでした。

ヌーヌーの二人は会見を開いて重大発表

数日後、事務所にいた加賀美がスマホを見て驚いていました。そして、加賀美は保田に向かって、先生!リホちゃんがと言いながら、保田のデスクのパソコンでリホが会見する姿を見せたのです。

加賀美がリホちゃんが記者会見?と内心思っていたら、そのタイミングで保田のスマホにリオから、保田ちゃんごめん、リホがどうしても会見するって言うから、そっちには迷惑はかけないからと、メッセージが届いたのだ。

記者会見の会場では沢山の報道陣の前に立ち、リホは深々とお辞儀をして、体調不良で活動できていなかったので、今からお話しますと言ったのです。

今回1つの嘘の投稿から、私たちを誹謗中傷した人たちが今、誹謗中傷されていて、その中心にヌーヌーがいて、私たちはもちろん今もその人たちも苦しんでいると思います。

今ヌーヌーは最悪の状態でリオやファンの方々もこんなの全然楽しくないはずです!ヌーヌーがみんなの笑顔の中心にいないし、こんなのヌーヌーじゃありません!と強い口調で言ったのです。

その時、記者の1人が手を上げて、それではもう情報開示請求もやめて、会見も終わりにするということですか?とリホに質問しました。すると、リホは真っ直ぐ前を見ながら、いえやめません!と言ったのです。

続けて、リホは今やめてもやめなくても、多分何もよくならないし、私たちと同じように悩んだり苦しんだりしている人を余計に苦しめるだけだから、私たちは誹謗中傷に苦しみ、誹謗中傷した人たちは私たちに訴えられて苦しんで、今度は被害者になって苦しんで、どこまでいってもハッピーエンドじゃないし、こんなの誰も望んでいないし本当はやりたくないけど、けどやらなきゃいけない!と思いますと言ったのだ。

続けて、リホは起きてしまったことは仕方がないし、だからもうこんなことが二度と起こらないように、私たちができること歌うことをやめません!と言ったのでした。

そして、リホはこの間撮影した1人で歌う動画をこのタイミングで配信したのです。

すると、配信したあとかなりの反響があり、加賀美はスマホを見ながらビックリしていました。一緒にいた保田もパソコンで配信されている動画を確認していました。

保田はドーナツをムシャムシャ食べながら、リオくんもプロだけどやっぱりリホちゃんもプロだね~と感心していたのです。

続けて、保田が法律はしょせん法律だし、依頼人には理屈上では武器だけど、やっぱり彼らみたいなプロが上手く使えば、見る人たちの感情が動かされるし、強烈な説得力が生まれるんだよ~と加賀美に言ったのだ。

すると、その話を聞いた加賀美は、なるほどと頷いていたのです。その頃、会見が終わったリホはリオとマネージャーの元に戻りホッとしていました。

リオがリホに大丈夫か?と声をかけると、リホがニコッと微笑みながら、どうせ宣伝とか書かれそうだけどと言ったら、リオが全員は無理だけど、俺たちは俺たちのファンを見ていこうと言ったのです。

すると、リホが突然クスクスと笑出したので、リオが?不思議そうにしていたら、リホは笑いながら、え?全員を楽しませたくて悩んでいたのはリオじゃん!と突っ込みを入れたのだ。リオはリホに言われて図星だったので顔を真っ赤にしていました。

また、リオがリホに向かって、そうかなあ?と聞いたらリホが、そうだよ!と笑いながら答えたのでした。

漫画を無料で読む方法は?

漫画は、電子書籍配信サービスの他に動画配信サービスでも読むことができます。無料お試しでもらえるポイントを使えば、タダで漫画が読めることもあります。ぜひ参考にしてください。



無料会員登録で無料漫画が3000作品以上!!

公式サイトはこちら


 

無料お試しが31日間で600円分のポイントGET!
さらに作品購入でポイント40%還元

公式サイトはこちら



無料会員登録で50%off。無料作品も豊富
PayPayを使うとキャッシュバックも
公式サイトはこちら

まんがを無料で読みたい時の一番のおすすめは、U-NEXTです!U-NEXTは、31日間の無料トライアル期間があります。この無料トライアルで登録すると、600円分のポイント もらえます!期間中に解約すれば大丈夫です。申し込み時に何日までって表示が出ますので安心ですね。

この600円分のポイントを使って、U-NEXTでまんがが無料で読めますU-NEXTは、マンガを読むだけではなく、映画やドラマの動画配信も種類がたくさんあります。アニメもあり無料で視聴できるものがたくさんあります。

たっぷりの無料期間で31日間U-NEXTの動画を無料で楽しめます。ぜひぜひ、U-NEXTの31日間無料トライアルを試してみてください!

違法サイトにはご注意!
マンガを無料で読めるようなサイトは違法サイトです。
違法サイトを見た人本人も罪に問われる危険性とウィルス感染の可能性もあります。
こちらで紹介している配信サービスで、ポイントなどを使って安心して漫画を楽しみましょう。ぜひ試してください。

しょせん他人事ですから12話~とある弁護士の本音の仕事~感想

今回の炎上事件で中山をはじめ、様々な人が今までの生活を失うという展開が、あまりにもリアルすぎて、読みながら自分までゾッとしてしまいました。

ヌーヌーがまた無事に活動を再スタートできてよかった!と思うと同時に、芸能人って過去の出来事や今の自分の行動で、ファンへの期待を一気に裏切ってしまうんだろうな?と改めて感じました。

もちろん、芸能人も1人の人間だから失敗もするし、完璧に生きることなど難しいのも事実だけど、やっぱりプロならそこはプロとして生きなければいけないのかな?実際問題、それができなければ叩かれてしまう世の中だと考えたら、複雑な気持ちにもなってしまいます。

また、芸能人って得るモノが大きい分、失うモノも人1倍大きいし、確かに全てを手に入れることなど不可能なのかな?と想像したら、大変なお仕事だとヌーヌーの2人を見て痛感しました。

あと、加賀美がヌーヌーからキスされたり写真を撮ったり、ファンなら夢みたいなシチュエーションだし、加賀美が舞台で真面目にヌーヌー愛を語る姿や終始パニクっている姿が可愛くて仕方がなかったです!

今度の事件は法律だけでなく、人情味もあるストーリーだったので、そこも良かったなぁっと個人的には思いました。

つづきのしょせん他人事ですから 13話はこちらから>>>

まとめ

しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~12話のネタバレと感想でした。いろんな漫画や動画などを楽しみたい時はU-NEXTの31日間の無料トライアルで、無料で読む方法もありますのでぜひお試しください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました