漫画ネタバレ

しょせん他人事ですから【ネタバレ】13話生徒たちを見た保田は、それでは簡潔に話をしますと言って

ituwarinoai漫画ネタバレ

しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~
白泉社から出版されている雑誌黒蜜に掲載されています。【原作:左藤真通|作画:富士屋カツヒト|監修:清水陽平】 「しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~」13話ネタバレ感想です。
前話のしょせん他人事ですから 12話はこちらから<<<


syosentaningoto

いろんな漫画が読みたい!!っていう方は無料登録で
漫画が無料で読めますよ!
U-NEXT公式サイト
31日以内に解約すれば、0円です。

しょせん他人事ですから【ネタバレ】13話徒たちを見た保田は、それでは簡潔に話をしますと言って、黒板にポイントを書き出しました。

保田は、白泉大学法科大学院にて特別講師として呼ばれていました。学生の弁護士志望の瀬戸雄大と検察官志望の美里波子は、保田の講義に参加しようとして席に着いてました。

まだ講義が始まる前、瀬戸が周囲を見渡しながら、集まっている人めちゃくちゃ少ないけど、雪で電車が止まってるのかな?セミナーの中止の案内とかきてないよな?と美里に言ったのです。

すると、美里はその質問ではなくてスマホを見ながら、ヌーヌーの誹謗中傷の犯人たちほとんど不起訴らしいよと瀬戸に言ったのだ。

その話を聞いた瀬戸は、その前にほぼ和解だろ?社会的に制裁も受けているみたいだし、軽いツブヤキで人生終わるとかエグいよなと言いました。

続けて、瀬戸は新しい法律が施行されたら、情報開示されやすくなって、事件とか減るんじゃないの?と話をしていたらその時、瀬戸の後ろから保田にがやって来て、瀬戸の肩をポンと叩きながら、そんなに簡単にバラ色の人生は来ませんよと自信満々な口調で言いながら、教壇の方に歩いていったのです。

急に現れた保田に瀬戸と美里が誰?と不思議そうにしていたら、保田が教室を見渡しながら、てか集まっている人たち少なくない?と言ったのだ。

そして、保田は教壇に立ちました。すると、大学側の人間がマイクで、本日講師をする保田法律事務所の保田弁護士ですと生徒たちに紹介したのだ。

保田は教壇に立っていたのですが、下を向いてやだなあ~とボソボソ言っていたら、加賀美が保田の元にやって来て、先生始まりましたよ!と保田の背中をポンと叩きました。

それでもまだ下を向いて、ブツブツ言っている保田のお尻の方をギューッと強く掴むと、保田はビクッとなりました。

そして、保田はマイクを持って、ただいまご紹介頂きました弁護士の保田理です、それでは今から講義を始めます!と挨拶をしたのだ。

インターネットの法律は2001年のもの

保田はそれでは、2022年に施工予定の改正、プロ責法について今からお話しますと言ったのだ。2022年の3月に発表されましたが、10月までにはスタートすると思いますが、実務上の運用についてはあくまでも予想と踏まえて下さいと言いました。

すると、保田が瀬戸に向かって、そこの君、今のプロ責法っていつ成立したか知っていますか?と質問したのだ。(特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律)

瀬戸が答えられず困っていると、保田が2001年ですと言ったら、瀬戸は俺たちとほぼほぼ同級生じゃんと突っ込んでいたのです。

2001年頃、インターネットでは2チャンネルができて、2年後にはテキストサイトが設立されて、ダイヤル回線からADSLの常時接続へと変わりましたと説明しました。その時、現実の社会ではイチローがメジャーリーグに行き、アメリカの多発テロ、小泉内閣などと話をしました。

話をしながら保田は、凄い昔の話ですがと自分で突っ込みを入れていたのだ。また、保田は要するに我々はSNSなどない昔の時代に作られた法律で、SNSを含む案件と戦っているんです。情報開示したいと思っていても、SNSのログイン型通信は実は開示の対象になってなかったのです。

ネット掲示板では書き込んだ時の通信ログがありますが、一方のSNSではログインした時のログしがなくて、しかしそれを認めないと全員泣き寝入りになってしまうので、裁判所も認めてくれている感じになっているんです。

ですから、これは現行法では対応していない現状に対する法改正になります。そして、保田は生徒たちに向かって、しっかりついてきて下さいねと言ったあと、ペラペラと説明を始めたのです。

難しくてついていけない生徒のためポイント整理

その時、生徒たちは全く保田のペースについていけずに、みんな頭を抱えていたのだ。すると、パニクっになっている生徒たちを見た保田は、それでは簡潔に話をしますと言って、黒板にポイントを書き出しました。

①ログイン型に関する規定の整備
②新たな裁判手続きの創設

まず①、ログインのための通信が法律上開示の対象になってたから、ログインした人が書き込んでいるという解釈です。なので、特定発信者情報という言葉を使って、ログイン型もちゃんと定義することになりました。

しかし、定義がハッキリされると逆にその定義がクセモノとなります。省令案によって開示対象が4つに限定されましたが実は更に、投稿はそれらの通信の直近に行われたモノと定義されることになりました。

だから、最近よくある投稿直近のようなソーシャルログインでは、その通信からは特定できません!

これが定義されることのリスクですと、保田はマイクを握りながら笑顔で説明したのだ。

生徒たちは話を聞いて、シーンとしていたので保田はラムネを胸ポケットから取り出して、糖分補給で休憩しましょう!と言ったのです。

そのあと、②について保田が話を始めました。

保田は瀬戸と美里と加賀美の名前を呼んで、前に出て来るように言ったのだ。そして、保田は鞄から用意してきたお面を出して3人に付けてもらいました。

被害者 加賀美
ツブヤイター 瀬戸
プロバイダ 保田
悪人 美里

このキャラクターで設定しました。

今までは、悪人がデマを流すと被害者はツブヤイターに悪人のIPアドレスを下さいとお願いします。

そして、投稿前後のログインからプロバイダに悪人の住所と氏名を渡してお願いします。すると、プロバイダがこの人が犯人ですと突き止めます。

保田はこんな風に、2回裁判をする流れになりますと説明したのだ。

そして、保田はヘトヘトになっている加賀美に向かって、時間もお金もいっぱい消費しますよね~と言ったのです。

次、新しい流れになると、と保田が話を始めました。

まず、被害者がツブヤイターに悪人のIPアドレスをもらい、それをプロバイダに提供するようにお願いします。

そして、提供命令申立を受け取ったツブヤイターは、IPアドレスとタイムスタンプをプロバイダに渡して、これで悪人の住所と氏名を下さいと言って、犯人をプロバイダが突き止めます。

保田はこの場合、裁判は1回だけになります!と言ったのだ。

しかし、保田はだからと言って、上手くいくかはわかりませ~ん!と言いながら、いきなり美里の手を握ったのです。美里は急に手を握られて、えっ?と驚きながらも、明らかに手間は減りますよね?と保田に聞いたのだ。

すると、保田がまずツブヤイターは提供命令があっても、本当に開示されやすそうプロバイダを探してくれるか謎ですよね?と言ったら、加賀美が確かに被害者にしたら、どう調べたとかわからないですよねと言いました。

その加賀美の言葉に保田が、そう!更に心配なのはプロバイダ側も、ツブヤイターからIPとタイムスタンプをもらっても、これだけではわかりませ~んと言って、駄々をこねるかもしれないですと保田が言ったのです。

すると、加賀美がその他の情報を調べればわかるかもしれないですよと保田に言ったら、ツブヤイターからもらった情報で調べるように言われたからと言い返すパターンもあるかもしれません!と話をしたのだ。

また、保田はIPアドレスとタイムスタンプの他にも、接続先IPアドレスもあって、付加情報が特定できないことも多くなっていますと説明したのだ。

すると、その話を聞いた瀬戸が、じゃあ開示できなかったというケースもあるんですか?と保田に聞いたのです。

保田は最悪そんなこともあるし、裁判を2回やるやり方もあるから、ケースによっては今までのやり方でもいいんじゃない?となることもあるかもと説明しました。

すると加賀美が、結局この改正でネット社会は良くなるんですか?と保田に尋ねたら保田は、わからないと呆気らかんとした顔で答えたのです。

そんな保田に対して、瀬戸と美里と加賀美は何も言えずにいたのです。

最後に保田は、省令を見ると今は色々調整中だし、条例解説とガイドラインはこれからだし、使えるかどうかは実際の運用次第だから、今はまだ他人事としておきましょう!と言いました。

こうして保田の講義は終わりました

漫画を無料で読む方法は?

漫画は、電子書籍配信サービスの他に動画配信サービスでも読むことができます。無料お試しでもらえるポイントを使えば、タダで漫画が読めることもあります。ぜひ参考にしてください。



無料会員登録で無料漫画が3000作品以上!!

公式サイトはこちら


 

無料お試しが31日間で600円分のポイントGET!
さらに作品購入でポイント40%還元

公式サイトはこちら



無料会員登録で50%off。無料作品も豊富
PayPayを使うとキャッシュバックも
公式サイトはこちら

まんがを無料で読みたい時の一番のおすすめは、U-NEXTです!U-NEXTは、31日間の無料トライアル期間があります。この無料トライアルで登録すると、600円分のポイント もらえます!期間中に解約すれば大丈夫です。申し込み時に何日までって表示が出ますので安心ですね。

この600円分のポイントを使って、U-NEXTでまんがが無料で読めますU-NEXTは、マンガを読むだけではなく、映画やドラマの動画配信も種類がたくさんあります。アニメもあり無料で視聴できるものがたくさんあります。

たっぷりの無料期間で31日間U-NEXTの動画を無料で楽しめます。ぜひぜひ、U-NEXTの31日間無料トライアルを試してみてください!

違法サイトにはご注意!
マンガを無料で読めるようなサイトは違法サイトです。
違法サイトを見た人本人も罪に問われる危険性とウィルス感染の可能性もあります。
こちらで紹介している配信サービスで、ポイントなどを使って安心して漫画を楽しみましょう。ぜひ試してください。

しょせん他人事ですから13話~とある弁護士の本音の仕事~感想

保田や加賀美を見ていたら、法に携わる仕事の大変さと、時代と共に移り変わる法律を、日々勉強したり頭に入れないといけないんだと思ったら、凄い職業だと感じました!

ネット社会になり便利になる一方、様々なトラブルや問題が勃発するのも事実だし、この先私たちが想像していなかった未来が待っていたりするのかな?と考えてしまいます。

この作品を通じて、改めてネットの怖さや簡単に誰かを追い詰めてしまうことなど、法律だけでなく人間関係の大切さも学べた気がします。

また、保田と加賀美のユニークな2人が楽しくわかりやすく、法律について話をしているのもこの作品の見どころになっているし、まだ読んだことのない人には是非とも読んで欲しいオススメの一冊です!

 

まとめ

しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~13話のネタバレと感想でした。いろんな漫画や動画などを楽しみたい時はU-NEXTの31日間の無料トライアルで、無料で読む方法もありますのでぜひお試しください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました