まさかな恋になりました。【74話】伊達は栞のことを好きだと気が付いたことをゆうこに

masakanakoininarimashitaマンガあらすじ

サイコミで連載されている邑咲奇先生の「まさかな恋になりました。」74話を読んだ感想(ネタバレあり)です。

<<<前話のまさかな恋になりました。73話はこちらから



絵を見ていろんな漫画が読みたい!!っていう方は
U-NEXTの無料登録でいろんな漫画が無料で読めますよ!
\30日間無料トライアル登録で600円分もらえます/
<U-NEXT>公式サイト
31日以内に解約すれば、0円タダです。

「まさかな恋になりました。」は、冴えない岩井栞(35)と栞の隣に引っ越してきた伊達。
なぜか栞には魚男に見えてしまう。が時々イケメンに!?これまでの栞の冴えない日常が激変する!ラブコメの鬼才邑咲奇先生の人気作品「まさかな恋になりました。」です!

文字のみのあらすじの感想ですが、ネタバレ注意です。以下、まさかな恋になりました。74話です。

まさかな恋になりました。【74話】あらすじ(ネタバレあり)

伊達とゆうこはカフェで2人で話をしていました。伊達は栞と体の関係を持ったことを、ゆうこが知っていると勘違いしたまま話をしていたのです。

あの夜、お酒の勢いで栞と関係を持って後悔していることや、その出来事をきっかけに栞のことを好きだと気が付いたことを、全てゆうこにカミングアウトしていたのだ。

また、栞が自分たちの上司でもある真木部長と付き合っていて、頭が混乱していてどうしたら良いかわからないし、女性の気持ちが自分には全くわからないと嘆いていました。そんな伊達の姿を見たゆうこは、伊達に対して昔から女性が寄って来るから、女性の気持ちがわらないのも無理ないと思っていたのです。

また、栞のことで一生懸命悩んでいる伊達を見てゆうこは、ピュアでストレートな男性だと感じていました。

一方、栞は真木とデートをしていて、その夜高級なホテルにお泊まりしていたのだ。栞も真木の真似をして緊張しながらも、バスローブに身を包んでいました。

そして、真木と栞はワインを飲みながら、自分たちの子供の頃の話や栞のおばあちゃんの話で盛り上がっていたのです。

そんな話をしていたら栞の緊張も緩和されて真木が、その流れで栞に改めて好きだと自分の気持ちを伝えたのだ。

そして、栞も同じ気持ちだと答えて、2人は夜景の見える綺麗な一室でキスを交わそうとしていました。

まさかな恋になりました。を無料又はお得に漫画が読めるオススメの電子書籍サイトはこちら!

いろんな漫画の最新話を今すぐ読みたい?電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおすすめです!電子書籍サイト多くが、初回限定で無料ポイントがあります。無料で、お好きな漫画が読めます!



無料会員登録で無料漫画が3000作品以上!!

公式サイトはこちら


 

無料お試しが31日間で600円分のポイントGET!
さらに作品購入でポイント40%還元

公式サイトはこちら



無料会員登録で50%off。無料作品も豊富
すべてのまんが本が半額に
PayPayが使えてキャッシュバックも有り
公式サイトはこちら

まさかな恋になりました。74話感想(ネタバレあり)

栞と体の関係を持ったことを伊達から聞いた時に、ゆうこが驚くと同時に震える手をギュット握りしめていた姿が印象的で、やっぱりまだ伊達のことが好きなのかな?と考えてしまったし、自分の気持ちを必死に抑えている姿が切なかったです。

いつも言いたいことをズバズバ!言うゆうこなのに、こんな時には自分の気持ちや本音が言えなかったりして、それがゆうこらしくもあり本当は意地悪でもないし、普段は言葉はキツイけど、結果的には伊達にも栞にも寄り添ってあげてる気がしました。

一方、伊達はゆうこが全部知っていると思ってペラペラ喋っていましたが、考えてみたら元カノに相談してるとか不思議な光景でもあります。

確かに伊達みたいなモテモテな人生を歩んでいる男性からしたら、初めて自分から誰かを好きになったり片想いをすると、こんな風に悩んだりどうしたら良いかわからなくなってしまうのかな?と感じたし、だけどある意味それだけ自分が誰かに夢中になれることが伊達はわかったんじゃないかなと思って、そんな気持ちになれたことだけは良かった気がします。

伊達や栞やゆうこを見ていたら、誰かを好きになって両想いになれるって、本当は凄い!ことなんだと痛感させられます。

栞は真木は高級なホテルで

あと、栞もホテルで最初はかなり緊張していたけど、真木とお酒を飲んだり昔の話をしたり、栞が大好きだった天国のおばあちゃんの話をして、一気に場が和んで良い雰囲気になっていましたが、やっぱり昔を知ってる2人って強い気がしたし、ある意味この再会は運命なのかな?と考えてしまいました。

そして、その良い流れから2人はキスをしようとしていましたが、高級なホテルの一室とワインやバスローブなど、揃いすぎているあのシチュエーションが余計に気持ちが高ぶってしまいそうで栞に思わず、本当に良いの?と突っ込んでしまいそうでした。

栞がその時に自分が真木に対してドキドキしていることを確認して、自分もちゃんと好きだと思っていたので、もう伊達が出る幕はないような気がして、伊達と栞をずっと見ている読者の1人としては、かなりショックだったし複雑な気持ちにもなります。

もう仕方がないと思いつつも、やっぱり奇跡が起きたりしないかな?と思ったり、伊達じゃないけど自分もモヤモヤ感が半端なかったです。

まさかな恋になりました。74話のおすすめポイント!

 

おねこ
おねこ

・栞を好きな気持ちや片想いを拗らせている伊達の、今まで見られなかった新しい一面も必見です。

・真木をどんどん好きになっている!?栞の心情の変化からも目が離せません!

いろんな漫画が読みたい!!っていう方は無料登録で
漫画が無料で読めますよ!
U-NEXT公式サイト
31日以内に解約すれば、0円です。

つづきの次話75話はこちらから>>>

 

マンガあらすじ
有関心倶楽部

コメント

タイトルとURLをコピーしました