マンガあらすじ

花嫁Reスタート13話 最新話 ネタバレ!洸士郎はベッドで眠っているさくらの顔を、両手で触りながら…

花嫁Reスタートマンガあらすじ

ベツフラ 2021年22号(2021年12月発売)掲載 最新話

京町妃紗先生花嫁Reスタート 13話 ネタバレです。

花嫁Reスタート 13話ネタバレ感想です。
前話の花嫁Reスタート12話はこちらから<<<

花嫁Reスタート
U-NEXTの無料登録で
「花嫁Reスタート」の最新話が無料で読めますよ!
<U-NEXT>公式サイト

 

花嫁Reスタート13話 最新話 ネタバレ!洸士郎はベッドで眠っているさくらの顔を、両手で触りながら…

洸士郎はベッドで眠っているさくらの顔を、両手で触りながら優しくキスをしました。洸士郎はキスしたあと、さくらの顔を見て一瞬!!ハッ…となりました。その時、洸士郎は自分には婚約者がいるのに何故!?、さくらにキス何かしたんだろう…と、自分でも驚いていたのです。そして、我に返った洸士郎は慌てて!!さくらから離れたのだった…すると、洸士郎のスマホに電話が掛かってきたので、洸士郎は動揺しながらも電話に出たのです。洸士郎は電話の相手の人に了解しました…すぐに…と返事をしていたら、そこでベッドに眠っているさくらが、いきなり目を覚まして…マネージャー!?と、洸士郎の顔を見ながら言ってきたのだ。続けて、さくらは洸士郎に向かって、どうして…私!?と言ったので、洸士郎はさくらにタクシーに乗ろうとして倒れて、お医者さんに診てもらったんだと説明しました。

また、洸士郎はお医者さんは旅行での疲れが出だんじゃないか?と、言っていたとさくらに話をしたのです。さくらは寝ている体を起こして、そうだったんですね…すいませんでした…と洸士郎に謝りました。洸士郎はさくらに向かって、とりあえずゆっくり休んで…と言って部屋を出て行こうとしたのだ。そんな洸士郎にさくらはあの!?と声を掛けると同時に、体のバランスを崩してしまい、ベッドからドサッ…と転げ落ちてしまったのです!!洸士郎はしゃがんでベッドから落ちたさくらの顔を見ながら、おい…大丈夫か!?と声を掛けたのでした。一方、さくらは床に座ったまま、すいませんでした…と、洸士郎にまた謝ったのです。

そんなさくらを見た洸士郎は、ずっと謝ってばっかりだし、最初に会った時とはまるで別人のようだな…と言ったのだ。そのあと、洸士郎は座ったままのさくらに手を差し出しました…さくらは洸士郎が差し出した手を見て、その優しさに思わずビックリ!?してしまい、内心ドキッ…としてしまったのです。さくらは洸士郎の差し出した手を握ろうとした時、洸士郎に会った時のことを思い出してしまったのだった。さくらはあの時、洸士郎にあなたと結婚したいです!!もう…絶対に泣かせませんから!!と、自分が言ったことが脳裏に浮かび上がってしまい、やっぱり洸士郎の手を握るのをやめたのでした。いったん伸ばした手をさくらが引っ込めたので、洸士郎も一瞬…驚いてしまったのです。

一方、さくらは洸士郎を見ながら、あの時…ホテルのロビーでマネージャーの立場を考えないで、一方的に酷いことを言ってしまって…と、自分の両手を握りながら申し訳なさそうに言ったのでした。さくらはもう…私が言ったことは、忘れて下さい…と洸士郎に伝えたのだった。洸士郎はさくらのその発言に一瞬…ハッ…となりましたが、平然を装いながら分かったよ…と言って、立ち上がったのです。また、洸士郎はさくらにスタッフに軽い食事を運ぶように言っておくから、食べると良い…と言って、部屋から出て行こうとしたのだ。一方、さくらは去って行こうとする洸士郎に向かって、ありがとうございました…と、お礼を言いながら地面から立ち上がりベッドに座りました。さくらは洸士郎が出て行ったあと…気が抜けたようになり、そのままベッドにうずくまっていたのです。すると、そのタイミングでさくらのスマホに紬から、体の具合は大丈夫?仕事で先に帰ってごめんね…とメッセージが入ったのです。

そのメッセージを見たさくらは、さっき目を覚ましました…こっちこそごめんなさい…と紬に返信したのでした。その時、さくらはこの先の未来…どう考えても洸士郎と紬が一緒に歩んで行く方が良いんだろうなぁっ?と思い、ため息を吐きながらベランダに出ると…ホテルの庭で洸士郎が何かのイベントの準備をしている姿が見えました。洸士郎の姿を上から見たさくらは一瞬…ドキッ…となり顔を赤らめていると、下から洸士郎が上を見上げていたので、さくらは見つからない様に、サッ…とその場にしゃがみ込んで隠れたのです。

その時、さくらはこんなに距離があるから、洸士郎からは見える訳もないのに…と内心思っていたのでした。一方、洸士郎がまだ上を見上げていたので、近くにいたスタッフが近寄って来て、どうかしましたか?と声を掛けたのです。いや…別にと返事をすると、男性スタッフが、もしかして婚約者を見ていたんですか?と洸士郎に突っ込みました。洸士郎が違います…とすぐに否定すると、男性スタッフは照れなくても良いし、こんなに距離が離れていても彼女を認識できるということは、よっぽどその彼女を見ているからだよなぁっ!!と洸士郎に言ったのだった。その時、洸士郎は男性スタッフの言葉に思わず!!ハッ…となり、さくらと出会った日のことから、さくらと過ごした日々が頭にフラッシュバックしてしまい、自分でも不思議な気持ちになっていたのでした。一方、ベランダにしゃがみ込んでいるさくらもまた、洸士郎と過ごした幸せな出来事を思い出してしまい、胸が締め付けられるぐらい苦しく思っていたのです。それと同時にさくらは、もう洸士郎に対する気持ちは封印しないといけない…と、どこかで考えていたのでした。すると、そのタイミングでホテルの下で作業をしている洸士郎がさくらに向かって、降りて来るように手招きしたのです。さくらはビックリ!?するも、全速力で走って洸士郎の元に向かい、息を切らしながら何か私に用事ですか?と質問したのだ。すると、洸士郎は隣にいた男性スタッフに東京で働いているスタッフだとさくらを紹介したあと、さくらに今日はウェディングプランのイベントがあるんだけど、モデルが遅れているからさくらに花嫁の代役を頼みたいと言ったのでした。さくらが私がモデルなど…と、謙遜していると、洸士郎は君なら親近感もあるし、元気なイメージがあるから丁度良いと思ったんだ…と話をしました。その時、さくらは洸士郎にそんな風に思われていたんだ…と嬉しくなり、私で良ければやります!!と洸士郎に答えたのだった。そして、さくらは女性スタッフと一緒に、衣装とメイクをしに部屋に向かいました。綺麗なウェディングドレスを着たさくらは、鏡越しに映る自分を見て…いつか洸士郎の横に自分も立ちたかったなぁっ…と思ってしまい、目から涙が溢れてしまったのです。涙を手で拭い気持ちを切り替えたさくらが部屋から出ると…そこにはタキシードを着た洸士郎が立っていたので、さくらはビックリ!?してしまい、えっ?何?と思わず言ってしまったのだ。すると、洸士郎は2人で代役をするんだよ…とさくらに言ったので、さくらは驚きながらも内心では、こんなことがあって良いの!?と、少し嬉しい気持ちになっていたのです。

そして、撮影が始まり並んでいる2人を見たカメラマンが、もう少し近寄って下さい!!と、2人に向かって叫びました。さくらが意識していると、それを察した洸士郎はただの真似事だよ…とさくらに言ったのです。しかし、さくらはずっと夢だったから真似事でも良いと思っていたのでした。さくらはその時、期限のことを思い出し…いつか自分は消えてなくなるかもしれないけど、でも今だけは良いんだよね…と、目に涙を浮かべながら笑顔をカメラに向けていたのだった。その時、カメラマンが黒瀬さんも笑って下さい!!と叫んだので、さくらがマネージャーも笑って下さいよ!!と、洸士郎の顔を覗き込みながら笑顔で言ったのでした。すると、洸士郎はさくらの無理している笑顔を見て…突然!!自分の腕でさくらを強引に引き寄せて、涙ぐむさくらの顔を誰にも見られないように自分の腕で隠したのでした。そんな洸士郎の大胆な行動に、カメラマンやさくらが驚いていると…洸士郎はやっぱり彼女の体調が悪いから、終わりにしよう…とみんなに言ったのです。洸士郎が先に去って行くと…さくらはあとを追いかけて、マネージャー!!ちゃんと出来なくてすいませんでした…と謝ると、洸士郎は自分こそ急に抱きしめてすまない…と言ったのでした。すると、さくらはそれは私が泣いていたから、わざと隠してくれたんですよね?と聞いたら、洸士郎はさくらに背を向けたまま、分からない…と答えたのです。さくらが洸士郎の言葉に、えっ!?と驚いていると…洸士郎は、もう…オレに忘れろとか言うな…と言ったのです。続けて、洸士郎は背中を向けたままさくらに、オレはお前を放っておけないんだ!!と言ったのでした…

花嫁Reスタートを無料又はお得に漫画が読めるオススメの電子書籍サイトはこちら!

『花嫁Reスタート』を今すぐ読みたい!?

電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおすすめです!

電子書籍サイト多くが、初回限定で無料ポイントがあります。
無料で、お好きな漫画が読めます!



無料会員登録で無料漫画が3000作品以上!!

公式サイトはこちら


 

無料お試しが31日間で600円分のポイントGET!
さらに作品購入でポイント40%還元

公式サイトはこちら



無料お試しが2週間で900円分のポイントGET!
さらに作品購入で20%還元
公式サイトはこちら


無料会員登録で50%off。無料作品も豊富

公式サイトはこちら

花嫁Reスタート 第13話 感想

洸士郎がさくらからもう…あの言葉は忘れて下さい…と言われた時、さくらに急に突き放されて動揺してしまってる洸士郎の姿が印象深かったし!!、やっぱりさくらをどこかで意識しているんだろうなぁっ?と思ってしまいました。洸士郎自身も婚約者がいるから、自分の気持ちをセーブしている様にも感じましたが、やっぱり好きな気持ちや気になってしまう気持ちは、誰でも抑えるのは難しいこと何だ!!と、彼を見ていたらつくづく感じてしまいます。あと、さくらが夢にまでみたウェディングドレスを着て洸士郎の横に立っている姿は、客観的に見たらやっぱり自分の姿で立ちたかったはず何だろうなぁっ…と考えたら、かなり複雑な気持ちになってしまいました。最後ついに!!洸士郎がさくらに放っておけない…と宣言したので、次回2人はどんな展開になるのか?楽しみです!!

次話の花嫁Reスタート14話はこちらから>>>

 

 

花嫁Reスタート 無料で読む方法 まとめ

花嫁Reスタート 第13話のネタバレと感想でした。

U-NEXTに登録すれば、無料で読む事が可能です!!

なぜならば、無料会員登録で600円分のポイントがもらえるからです。

U-NEXTの無料登録で
「花嫁Reスタート」の最新話が無料で読めますよ!
<U-NEXT>公式サイト
無料会員登録で600円分のポイントがもらえるので
◇実質無料で読むことができます◇

U-NEXTに無料会員登録する
‣U-NEXTで「ベツフラ」と検索して読む

有関心倶楽部

コメント

タイトルとURLをコピーしました