マンガあらすじ

偽装カレシに愛されてしまいました 最新話【22話】めぐみが「はるか」という名前に過剰に反応してしまい

偽装カレシに愛されてしまいました ネタバレマンガあらすじ

偽装カレシに愛されてしまいました

めっちゃコミックオリジナルで独占先行配信されています。
美山薫子先生の偽装カレシに愛されてしまいました22話ネタバレありのあらすじ感想です。

前話の偽装カレシに愛されてしまいました 21話はこちらから<<<

いろんな漫画が読みたい!!っていう方は無料登録で
漫画が無料で読めますよ!
U-NEXT公式サイト
外科医のめぐみは自立系女子32歳
同じ医師の7年も付き合った恋人に他に守ってあげたい子ができたと振られてしまいます。まさかの二股
更に略奪女に婚約パーティーに招かれてしまい、ふたりを見返すべく悟り系後輩医師秋穂に恋人のフリをお願いすることに。めっちゃコミックオリジナルのラブキュンコメディです。

偽装カレシに愛されてしまいました ネタバレ最新話【22話】

秋穂はめぐみを探すために何軒か居酒屋を回っていたのだ。そして、最後に心当たりがある居酒屋に入り、ハァハァ息を切らしながら店内をキョロキョロ見渡していました。

このお店じゃなかったらもう心当たりがないと秋穂が焦っていたら、めぐみの後ろ姿が見えたので秋穂は思わず、めぐみさんと名前を呼ぼうとしたら、めぐみがスマホを見ながら、やばい!可愛い~と嬉しそうに言っていました。すると、美崎が秋穂に気付いて、誠司!と名前を呼ぶとめぐみも後ろを振り返り、秋穂が立っていたのでビックリしたのです。

秋穂はめぐみに向かって、どうもと恥ずかしそうに言って、美崎の横に座ろうとしました。すると、美崎が秋穂に対して、ニコニコしながら、遅かったねと言ったのです。

突然店に来た秋穂に驚くめぐみでしたが

その時、何も知らないめぐみが、えっ?何で秋保くんが?と聞いたら美崎が笑顔で、僕が呼んだんですよ、椎葉さんと飲んでるから来ればって!と言ったら、隣に座った秋穂が美崎に怒りながら、ならどこのお店かもちゃんと教えるべきだろと言ったのだ。

秋穂の言葉に対して美崎が、あれ?言わなかったっけ、何軒回ったのかな?とクスッと笑いながらわざと嫌味っぽく言いました。すると、秋穂は横目で美崎を睨み付けながら少し怒っていたのです。

そして、秋穂は正面に座るめぐみに向かって、で今何の話ししてたんですかと聞いたらめぐみが、チワワにおもちゃを取られて泣いている秋穂くん4歳の写真を見てと言ったら美崎が、誠司の泣き虫シリーズを幾つかピックアップして見せたと笑いながら言ったのだ。

すると、めぐみも美崎と一緒に笑いながら、写真見せてもらっちゃったと少し申し訳なさそうに言ったのです。秋穂は怒り口調で美崎に対して、それすぐ見せるのやめろってと言いました。

その時、めぐみは表面上では笑っていたのですが心の中では、秘密とかって言うから何かと思ったらと思っていたのだ。すると、怒っていた秋穂がいきなり美崎に向かって、遥!!と名前を呼びました。

そして、怒っている秋穂に対して美崎が、ごめん!と謝ったら秋穂が、て言うかそんなん遥だって、と言っていたのです。

その時、2人のやり取りを見ていためぐみが「はるか」という名前に過剰に反応してしまい思わず、はるか?と口に出してしまいました。すると、美崎が動揺しているめぐみに向かって、えっ?僕の名前が遥でと言ったのだ。

「はるか」の名前の謎が解けた

また、美崎が驚きながら、以前名刺渡しませんでした?と言ったら、めぐみは鞄を持って必死に名刺を探しました。そして、名刺に美崎遥という名前が書いてあることを確認しためぐみは、君たち今日19時頃電話してた?と聞いたら美崎が、僕が飲みに誘いましたよっとニコニコしながら答えたのだ。

勘違いしていためぐみは心の中で「はるか」ってお前かよ!と思わず突っ込んでしまったのです。

そして、めぐみは自分が凄い誤解してたんだと内心思っていました。

そのあと、めぐみは2人ってそんな小さい頃から友達何だねと言ったら美崎が、2歳?3歳?かなと曖昧なことを言ったら秋穂が、3歳!2人とも小さい頃イギリスに住んでて、それでナーサリー(託児所)も一緒でと説明したらめぐみはその話を聞いて、帰国子女なの!?と思わず大きな声で反応してしまったのだ。

すると、秋穂が俺は7~8歳で日本に帰って来ているからほぼ日本育ちだけど、遥は中学まであっちにいて、こっちの高校で偶然再会したんですよと言ったらめぐみが、へぇ~じゃあ!幼馴染なんだねと羨ましそうに言ったら美崎が、はいそうなですとニコニコしながら返事をしました。

一方、秋穂は冷めた口調で、ただの腐れ縁ですよと言ったのです。

そんな2人のやり取りを見ながらめぐみは心の中で、美崎さんと話をしている時の秋保くんは、リラックスしていて可愛いな、祥子さんといる時とまた違ってと思っていたのだ。

めぐみはふとその時、あれ?そう言えば?はるかが美崎さんだということは、祥子さんが言っていた女性はまた別にいるってことなのかなと考えてしまい、やっぱり気になるなぁと思っていました。

酔っぱらった美崎をタクシーに乗せて

居酒屋を出ると秋穂が酔っぱらっている美崎をタクシーに乗せました。

すると、まだ帰りたくない美崎が、もう1軒行こうよ~とタクシーの中から叫んでいたら秋穂が、俺もお前も椎葉先生もみんな明日仕事!と言ったら美崎が、仕事嫌だ~、つまらない~と言ってタクシーの中で騒いでいたのです。

困った秋穂は、ハイハイ!じゃあねと言いながら、一方的にタクシーのドアをバンと閉めました。

そして、秋穂が疲れた様子で、フーと深いため息をついていたらめぐみが、美崎さんって酔っぱらうとあんな感じ何だねぇと、少し驚いた顔で話をしていたのです。すると、秋穂が基本は酔わないんですけど、今日は楽しかったみたいですねと言ったのだ。

その話を聞いためぐみが、えー!嬉しい~と喜びながら、また誘ったら来てくれるかな?と言ったら秋穂が、あーたぶん来ますよ、実は寂しがり屋だからと言ったらめぐみが、あーそうなんだ!と言いながらアハハと笑っていたのです。

そのあと、2人は沈黙が続きめぐみは、少しうつ向きながら暗い顔をしていました。そして、めぐみが秋穂に向かって、秋穂くんはどうする?タクシー捕まえる?と笑顔で聞いたのですが、秋穂が黙っていたのでめぐみは、秋穂を見て不思議そうにしていたのだ。

すると、秋穂が良かったら家まで送りますから、歩いて帰りませんか?ちょっと話たいことがあるんですと言ったのです。

女性の死に方【1巻】

漫画を無料で読む方法は?

漫画は、電子書籍配信サービスの他に動画配信サービスでも読むことができます。無料お試しでもらえるポイントを使えば、タダで漫画が読めることもあります。ぜひ参考にしてください。



無料会員登録で無料漫画が3000作品以上!!

公式サイトはこちら


 

無料お試しが31日間で600円分のポイントGET!
さらに作品購入でポイント40%還元

公式サイトはこちら



無料会員登録で50%off。無料作品も豊富
PayPayを使うとキャッシュバックも
公式サイトはこちら

まんがを無料で読みたい時の一番のおすすめは、U-NEXTです!U-NEXTは、31日間の無料トライアル期間があります。この無料トライアルで登録すると、600円分のポイント もらえます!期間中に解約すれば大丈夫です。申し込み時に何日までって表示が出ますので安心ですね。

この600円分のポイントを使って、U-NEXTでまんがが無料で読めますU-NEXTは、マンガを読むだけではなく、映画やドラマの動画配信も種類がたくさんあります。アニメもあり無料で視聴できるものがたくさんあります。

たっぷりの無料期間で31日間U-NEXTの動画を無料で楽しめます。ぜひぜひ、U-NEXTの31日間無料トライアルを試してみてください!

違法サイトにはご注意!
マンガを無料で読めるようなサイトは違法サイトです。
違法サイトを見た人本人も罪に問われる危険性とウィルス感染の可能性もあります。
こちらで紹介している配信サービスで、ポイントなどを使って安心して漫画を楽しみましょう。ぜひ試してください。

偽装カレシに愛されてしまいました 22話 感想

美崎と秋穂が幼馴染みだったとか、凄い偶然だったし!秋穂が遠慮なく言いたいことを美崎に言っている姿が、普段の秋穂とは違って新鮮味もありました。

あと、海外に住んでいたから美崎が、あんな感じでフランクなのかな?と思ったし、酔っぱらった時のキャラクターがギャップがありすぎて、少し笑ってしまうぐらいでした。

今回、「はるか」が美崎だった!?という事実にはかなりビックリでしたが、それと同時に祥子さんが言っていた女性って、みさきじゃなくて別にいるみたいだったので、めぐみにしたらモヤモヤはまだ消えなさそうだし、めぐみが本当は聞きたいけど聞けない感じが、客観的に見ていてもどかしかったです。

最後に秋穂が意味ありげな表情を浮かべていたので次回、めぐみにどんな話をするのか?気になります!

つづきの 偽装カレシに愛されてしまいました23話はこちらから>>>

まとめ

偽装カレシに愛されてしまいました22話のネタバレと感想でした。「偽装カレシに愛されてしまいました」は、めっちゃコミックで独占先行配信されています。いろんな漫画や動画などを楽しみたい時はU-NEXTの31日間の無料トライアルで、無料で読む方法もありますのでぜひお試しください。

ぜひいろんな漫画をいっしょに楽しみましょう。
しょせん他人事ですから【全話ネタバレ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました