まさかな恋になりました。ネタバレ【60話】真木が栞に向かって、しーちゃんって昨日みたいに

まさかな恋になりましたマンガあらすじ

サイコミで連載されている邑咲奇先生の「まさかな恋になりました。」60話のネタバレと感想です。



絵を見ていろんな漫画が読みたい!!っていう方は
U-NEXTの無料登録でいろんな漫画が無料で読めますよ!
\30日間無料トライアル登録で600円分もらえます/
<U-NEXT>公式サイト
31日以内に解約すれば、0円タダです。

「まさかな恋になりました。」は、冴えない岩井栞(35)と栞の隣に引っ越してきた伊達。
なぜか栞には魚男に見えてしまう。が時々イケメンに!?これまでの栞の冴えない日常が激変する!ラブコメの鬼才邑咲奇先生の人気作品「まさかな恋になりました。」です!

文字のみのあらすじですが、ネタバレ注意です。以下、まさかな恋になりました。60話ネタバレです。

<<<前話の59話はこちらから

まさかな恋になりました。ネタバレ【60話】真木が栞に向かって、しーちゃんって昨日みたいに

ホテルのバーのカウンターで栞と真木は並んでカクテルを飲んでいました。真木は栞に向かって、もしかして、しーちゃんってお酒強いの?と聞いたのだ。その質問に栞はえっと驚きながら、強いかな?弱くはないかも、ベロベロになっても記憶をなくしたことはないかなと答えました。

すると、その話を聞いた真木は、しーちゃんがベロベロになる姿とか想像できないよ!と突っ込みながら笑ったのだ。続けて真木は、俺の中ではしーちゃんがお酒を飲むイメージとかがなかったからと言ったのです。

すると、栞はさすがに小学生のままではないからね~と笑顔で言ったのだ。そして、栞はカクテルを一口飲んで、このカクテル美味しいと言ったのです。

そのあと、真木が栞に向かって、会社の人たちが言ってたんだけど、しーちゃんが最近凄く綺麗になったってと話をしたのだ。その話を聞いた栞は、えっと驚きながら顔を真っ赤にしてしまいました。

そして、栞は顔を赤らめ動揺しながら、そう、そうかな!?最近、筋トレにハマって肉体改造とかやったりしてるからかもしれないと説明したのだ。真木が肉体改造?と興味深く栞に聞きました。

栞が、ほら、だって35歳だけどさまだおばさんって言われる年齢でもないし、私も女子力をいっちょ上げたろう!と思ってと言ったのです。その時、栞は真木にはそう言っていましたが、本当は伊達くんに少しでも女性として見て欲しかったからと内心思っていたのだ。

その話を聞いた真木は、俺はいくつになってもそうやって努力をする女性って尊敬するなと言いました。すると、栞は謙遜しながら、私のなんてみんなに比べたら大した努力じゃないけどと恥ずかしそうに言ったのです。

その時、栞はまた伊達のことを思い出し、2人で楽しく飲んでいた時に戻れないのかなと考えてしまい、下を向き暗い表情を浮かべていました。そのあと、真木が栞に向かって、しーちゃんって昨日みたいに、髪を下ろさないの?と聞いたら、栞が昨日はちょっと色々あって、普段は仕事している時は邪魔だから、髪は結んでいる方がいいと思ってと話をしました。

すると、真木はそんなに邪魔じゃないでしょ、昔もずっと結んでたよね?だから、髪を下ろしているしーちゃんは新鮮だし、たまには下ろしてもいいんじゃないかな?しーちゃん髪の毛綺麗なんだからと言ったのです。

その時、褒めてくれる真木に対して栞は、シンくんは本当に褒め上手だね、私が豚なら木に登り散らかしているわよと冗談っぽく言ったのだ。その話を聞いた真木は、豚ならってどういうことだよ!とゲラゲラl笑いながら突っ込みました。

すると、栞がおだてても何も出ないからとニコニコしながら言い返すと真木が、別におだててる訳じゃないし!と笑いながら言ったのだ。そして、飲み終わった時に真木が、そろそろお開きにしようかと言って2人はバーを出ました。

それから、エレベーターの前で別れ際に真木に向かって栞が、真木部長!本日は貴重な体験をありがとうございました、お疲れ様でした!と深々とお辞儀をしてお礼を伝えたのです。真木は丁寧な栞を見て戸惑いつつ、おう、と返事をしたのだ。

すると、栞は真木に向かって、おやすみなさいと挨拶したら真木も、おやすみなさいと伝えてエレベーターに乗る栞に手を振ったのです。一方、栞もエレベーターの中から、真木に笑顔で手を振り返しました。

翌朝、朝食に行った栞は

翌朝、6時のアラームで目を覚ました栞は、起きてベッドの上で伸びをしていました。その時、栞は昨日はお酒とシン君のおかげで、少しは眠れた気がすると思っていたのだ。

そして、栞は起き上がり髪を結ぼうとしたら、ゴムがブチッと切れてしまったのです。栞は切れたゴムを見ながら、予備のゴムを持って来ればよかったなと思っていたのです。

身支度を済ませた栞は、ホテルの朝食会場に向かい、バイキングの料理をお皿に入れていました。すると、そこへ真木が遅れてやって来て、おはようしーちゃんと栞に声をかけたのだ。

真木に声をかけられた栞も、おはようございます!と笑顔で挨拶を返したのです。そして、2人はお皿を持ってテーブルに座ると真木が栞に向かって、昨日はちゃんと眠れた?と聞いたのだ。

栞がその質問にはいと答えたあと、シン君は?と聞いたら、爆睡だったよと笑いながら言いました。そして、栞は手を合わせていただきますと言って、食事を食べ始めました。

その時、食事中に栞が無意識に髪を耳にかける姿を見て、正面にいた真木はハッとなり、顔を赤らめてしまったのだ。また、真木はそんな栞を見て、やっぱりしーちゃんっていいなぁと言ったのです。

まさかな恋になりました。を無料又はお得に漫画が読めるオススメの電子書籍サイトはこちら!

いろんな漫画の最新話を今すぐ読みたい!?電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおすすめです!電子書籍サイト多くが、初回限定で無料ポイントがあります。無料で、お好きな漫画が読めます!



無料会員登録で無料漫画が3000作品以上!!

公式サイトはこちら


 

無料お試しが31日間で600円分のポイントGET!
さらに作品購入でポイント40%還元

公式サイトはこちら



無料会員登録で50%off。無料作品も豊富
すべてのまんが本が半額に
PayPayが使えてキャッシュバックも有り
公式サイトはこちら

まさかな恋になりました。ネタバレ【60話】感想

栞が真木と飲んでいても結局、伊達のことばかり考えてしまう姿を見ていると、思っている以上に伊達に恋しているんだなぁっと思いました!

確かにこんな風に気まずい関係になるなら、前みたいに伊達と何も進展しなくても、波風立てずに楽しく平和に過ごしている方が栞にしたら良かったのかな?とふと考えてしまいました。

あと、真木が栞を褒めたり結構アピールしているように感じたので、やっぱり真木は栞を女性として意識しているのではないかと想像してしまいます。

これから真木がどんな態度や行動に出るのかも気になったし、栞はそんな真木と伊達の間で、どんな風に過ごすのかも楽しみです!

つづきの次話61話はこちらから>>>



まとめ

まさかな恋になりました。60話のネタバレと感想でした。

同じ作家さんの作品はこちらから

マンガあらすじ
有関心倶楽部

コメント

タイトルとURLをコピーしました