しょせん他人事ですから【1話】~とある弁護士の本音の仕事~

ITSUWARINOAIマンガあらすじ

しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~
白泉社から出版されている雑誌黒蜜に掲載されています。【原作:左藤真通|作画:富士屋カツヒト|監修:清水陽平】 「しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~」1話のあらすじと感想(ネタバレあり)です。
しょせん他人事ですから2話~とある弁護士の本音の仕事~


syosentaningoto

いろんな漫画が読みたい!!っていう方は無料登録で
漫画が無料で読めますよ!
U-NEXT公式サイト
31日以内に解約すれば、0円です。

しょせん他人事ですから1話~とある弁護士の本音の仕事~あらすじ(ネタバレあり)

今回の主人公は、人気主婦ブロガーの桐原こずえ

ある日の夜、人気主婦ブロガーの桐原こずえという女性が眠っていると、枕元に置いてあるスマホのバイブ音が何度も鳴っていました。

こずえがスマホを確認すると、人気主婦ブロガー売春、気持ち悪い、子供がいるくせに信じられないなど、自分のブログが炎上していたのだ。

こずえが慌ててパソコンを見ると、「セレブ人妻ブロガー・人妻風俗」といったまとめサイトがアップされていたのです。

人妻風俗嬢という書き込みにこずえが驚いていたらこずえの電話が鳴りました。こずえが非通知からの電話にでると卑猥な言葉を浴びせるいたずら電話でした。こずえの電話番号がまとめサイトに勝手に書き込まれていたのです。

翌日、あるビルの一角で弁護士の無料相談会が開かれていました。そこでは保田理という弁護士が依頼人の話を聞いていたのですが、保田は誰に対しても全然親身にならずに適当に話をあしらっていると、依頼人たちはみんな怒って帰ってしまったのです。

一方、怒られた保田がヘラヘラしていたので、その様子を見ていたパラリーガルの加賀美灯という女性は、もうちょっとちゃんと相手の話を聞くように注意していたのだ。

そのタイミングでこずえがやって来たので、加賀美は保田に丁寧に対応するようにと念押しました。

早速、こずえは保田にネット上であることないこと書かれて、電話番号まで晒されたことを相談したのです。

こずえを見た保田が泣かないでちゃんと話をして下さい、無料相談は時間が短いし、改めて相談すると料金も高くなりますし、簡潔にかつ具体的に話すように淡々と話す安田に思わずこずえはびっくりして戸惑っていました。

 

また、加賀美は裏に保田を連れて行き、もっとお客様に寄り添うように注意すると保田が、所詮は他人事じゃない?と笑顔で言ったのです。その保田の言葉を聞いた加賀美は更に腹が立ってしまい、保田を蹴り飛ばしてしまいました。

それから、2人はこずえの元に戻り、改めてこずえから話を聞いたのだ。

こずえは、主婦のブロガーとしてブログを運営していて、それが炎上してしまったと話しました。

こずえはスマホの画面を見せて、最初はツブヤイターのバズで気付いて、その中の返信風俗用の大手掲示板に書き込まれたのがきっかだと2人に説明をしました。

すると、保田が桐原さん自身はどうしたいのですか?と尋ねるとこずえは、何もわからないからここに来ましたと答えたのです。

そして、保田は書き込みサイトを消したいのか?書き込んだ相手側を特定したいのか?どちらかの選択になりますと説明をしました。

その話を聞いたこずえは、とりあえず削除したいです!と答えると保田が、個人でも削除申請できるサイトもあるし、イタズラ電話は警察に相談してみてはと提案したのだ。

その時、こずえがちなみに相手を特定する場合は?と質問をすると保田が、プライバシー侵害や名誉毀損として、特定できる可能性はありますと答えたのです。

その話を聞いたこずえが、でしたらそれで!と返事をするも保田は、お金も時間もかかるし、何よりも精神が削られてしんどいんですよとこずえに説明したのだ。

保田は相手を特定することは個人的にはオススメはしないと言ったのです。

その夜、こずえは旦那さんと息子たちとテーブルで夕食を食べていました。

食事中もテーブルに置いてあるスマホばかり気にしているこずえを見た旦那さんは、ずっと食欲もないし、ネットも見なきゃ平和だし、弁護士にも相談しに行って、お金かけてどうするんだ?と指摘したのだ。

こずえの旦那さんは、夕食時も落ち着かずスマホばかり気にしているこずえを見て呆れて、弁護士にお金をかけてどうするんだと言いました。ネットも見なければ平和に過ごせると指摘したのです。

すると、その言葉に腹が立ったこずえは、そのまま部屋に入ってパソコンを開き、保田法律事務所の口コミを調べていました。

安田法律事務所の口コミは、評価の星の数も少なく依頼人たちは、保田のことを悪く書いていました。その中の1人が、弁護士の保田のことを信頼できると書いてあり星を5つ付けていたのです。

翌日、こずえは保田法律事務所に電話をして、自分の事を晒した人たちのを知りたいと安田に依頼したのだ。保田は、こずえの意思を尊重して情報開示請求をしますと言ったのです。

そして、2ヵ月が過ぎた夏の暑い日、子供連れの女性がマンションのポストに封筒が届いているのを見ていました。封筒はプロバイダーからの封書でした。DMか何かかなと女性は思っていました。

おねこ
おねこ

しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~はまんが王国で先行配信されています!

【まんが王国】★お得感No.1★国内最大級の電子コミックサイト

漫画を無料で読む方法は?

漫画は、電子書籍配信サービスの他に動画配信サービスでも読むことができます。無料お試しでもらえるポイントを使えば、タダで漫画が読めることもあります。ぜひ参考にしてください。



無料会員登録で無料漫画が3000作品以上!!

公式サイトはこちら


 

無料お試しが31日間で600円分のポイントGET!
さらに作品購入でポイント40%還元

公式サイトはこちら



無料会員登録で50%off。無料作品も豊富
PayPayを使うとキャッシュバックも
公式サイトはこちら

まんがを無料で読みたい時の一番のおすすめは、U-NEXTです!U-NEXTは、31日間の無料トライアル期間があります。この無料トライアルで登録すると、600円分のポイント もらえます!期間中に解約すれば大丈夫です。申し込み時に何日までって表示が出ますので安心ですね。

この600円分のポイントを使って、U-NEXTでまんがが無料で読めますU-NEXTは、マンガを読むだけではなく、映画やドラマの動画配信も種類がたくさんあります。アニメもあり無料で視聴できるものがたくさんあります。

たっぷりの無料期間で31日間U-NEXTの動画を無料で楽しめます。ぜひぜひ、U-NEXTの31日間無料トライアルを試してみてください!
日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

しょせん他人事ですから1話感想(ネタバレあり)

主人公の保田という風変わりな弁護士がとてもユニークで、非常に興味深いキャラクターでした!

依頼人に対して得になることも、損になることもちゃんと話をする姿勢は、信用できる人なのかな?と思います。

あと、しっかり者の加賀美と保田とのやり取りがとにかく面白くて、加賀美が保田のネクタイを引っ張ったり資料でバシッと叩いたりして、どっちが弁護士の立ち位置なのかわからないような、そんな2人の姿を見ていたら、思わずクスッ!と笑ってしまうぐらいです。

また、SNSを通じたトラブルが現代ならではだなぁっと感じると同時に、このネット社会いつ誰がこずえみたいになってしまうのかもしれないと考えると、便利だけど生きにくい世の中だと感じてしまう自分がいました。

そして、こずえが深刻に悩んでいるのにも関わらず旦那さんが、ネット上のことだとか、お金がかかるとか、今こずえが求めていることはそんなことじゃないだよ~!とうっかり自分が奥さんの立場になって叫んでしまう勢いでした。

こんな時こそ、旦那さんに優しくというか、寄り添って欲しいのにナゼ?男性はそこを汲み取ってくれないのかなぁっと考えてしまいます。

作中で保田が何度もこずえに、あなたの気持ち次第ですよと言っていた言葉が頭に強く残っていて、保田は口はキツイしあまり何を考えているか正直掴みどころがないですが、ただ依頼人の気持ちをちゃんと尊重しているんだとその言葉を聞いて思いました!

だからこそ口先だけの弁護士より、よっぽど信頼できるような気もします。

今回、こずえという主婦ブロガーが下した決断が正しかったのか、どうなるのか?この先の展開が楽しみです。

つづきのしょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~2話はこちらから>>>

しょせん他人事ですから1話の見どころ、読みどころ!

しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~1話のネタバレと感想でした。

おねこ
おねこ

・保田という弁護士の癖だらけのハチャメチャなキャラクターが作品のみどころの1つになっています。
・パラリーガルの加賀美と保田とのコミカルな掛け合いも是非とも見て欲しいし!難しい内容を緩和させている要素に繋がっています。

しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~はまんが王国で先行配信されています!

【まんが王国】★お得感No.1★国内最大級の電子コミックサイト

いろんな漫画や動画などを楽しみたい時はU-NEXTの31日間の無料トライアルで、無料で読む方法もありますのでぜひお試しください。

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

マンガあらすじ
有関心倶楽部

コメント

タイトルとURLをコピーしました