モラルハザード【42話】最新話|みんなからチヤホヤされて真琴は終始ニヤニヤしながら

moraruhaza-doマンガあらすじ

マンガMeeで連載されている「モラルハザード」漫画:下北沢ミツオ先生 原作:月瀬いづみ先生のマンガMeeオリジナル作品です。
モラルハザード42話のあらすじ(ネタバレあり)と感想です。

いろんな漫画が読みたい!!っていう方は無料登録で
漫画が無料で読めますよ!
\30日間無料トライアル登録で600円分もらえます/
U-NEXT公式サイト
セレブなママが集まる自由が丘のカフェで、警察に捕まる女性。
有名幼児教室に通うセレブなママに何が起きたのか。
倫理の欠如したモラルハザード 
日常が崩壊し始めてハラハラする漫画です。
えっ!誰が逮捕されるの??ママたちの心理描写に注目です!

前話の モラルハザード【41話】 は以下をご覧ください。

以下、モラルハザード最新話42話の文字のみのあらすじですが、ネタバレ注意です。

モラルハザード【42話】最新話|みんなからチヤホヤされて真琴は終始ニヤニヤしながら

プリスクールでは、真琴ちゃんおめでとう!2人目一番乗りだねぇとママ友たちから真琴はお祝いの言葉をかけられていました。そう言われた真琴はニコニコしながら、ありがとうみんなと言って喜んでいたのです。

すると、ママ友たちが真琴ちゃんお腹触っても良い?あっ、私も、静かにしないと教室まで声が聞こえちゃうと言って、真琴を中心にママ友たちが教室の前で妊娠の話で盛り上がっていたのだ。

真琴はその時、今日は2人目を妊娠してから初めてのプリスクール 、思ってた通りみんなが興味津々で、子供がまだ1人しかいないママたちにとっては、2人目はステータスだったので、だから妊娠がわかってSNSで公表してから、今日プリスクールに来るのが待ち遠しくて仕方なかったと内心思っていたのです。

また、ママ友たちが真琴ちゃん羨ましいー、今後のために色々話を聞かせて!斗夢くんの最高のプレゼントになったねとみんなが真琴に話をしていました。 みんなからチヤホヤされて真琴は終始ニヤニヤしながら内心、もっと言ってと思いながら快感を感じていたのです。

すると、そのタイミングで真琴の前に杏子がやって来て、真琴ちゃん2人目おめでとうと言ったのです。そう言われた真琴が、ありがとうと笑顔で答えたると杏子が、つわりは大丈夫なの?と聞いたのだ。

その質問に真琴は、斗夢の時もそうだったけど、ほとんどつわりがないのと言ったのです。

真琴はわざとらしく

そしてそのあと、真琴は杏子に向かって、2人目はもしかしたらまた男の子かもしれないとニヤニヤしながらわざとらしく言ったのだ。

その言葉を聞いた杏子は一瞬睨んだような目付きをしたあと、口角を上げてニコッと微笑みながら、そうそれなら良かったわ、お体大事にねと言ったのです。

杏子の表情と言葉にまことは 一瞬ビクッとなり動揺しながら、あっ、うんと返事をしたのですが、内心では何か怒ってるのかな?と考えてしまったのだ。真琴は心の中で、杏子ちゃんは本人にも気付いてない癖がある、何か意にそぐわないことがあれば、 嫌悪の感情が口元に現れるし、えっ、ていうか私何もしてないよね?もしかしたら私ばっかり注目されてるから嫉妬してるの?と思っていました。

杏子はランチに誘われたが

すると、ママ友の1人が杏子に向かって、この後ランチでもどう?真琴ちゃんの妊娠の話で盛り上がろうよと誘ったのです。その誘いに杏子は、ごめんなさいねこのあと予定があってと答えたあと薫の元へ向かったのだ。

薫と杏子を見たママ友が、やっぱり薫さんと言ったのです。

そのあとママ友がランチどうする?でも、私たちだけで行くのも何だかね~今日は奈美ちゃんも休みだし、そういえば向日葵ちゃん風邪だって、残念だなぁ真琴ちゃんの話聞きたかったのにとママ友が悔しそうに言っていたのだ。

その時、心の中で真琴は本当に台無しよ、今日楽しみにしていたのはランチだったのにと思いながら残念そうな表情を浮かべていました。

すると、ママ友の1人が真琴に向かって、真琴ちゃん駅まで一緒に帰らない?と声をかけてきて、耳元でコソコソと杏子ちゃんのことでちょっと話があるんだけどと言ったのです。

杏子は薫に電話をして

そのあと、杏子は自宅に帰宅して薫に電話をしていました。

事情を聞いた薫は、そう、滝沢さんをお誘いできなかったのは残念ねと言ったのです。すると、杏子は必死になって、でもそのかわりに、薫さんも一緒にお茶をする約束を取り付けたのと興奮しながら言ったら薫が嬉しそうに、えっ?本当に?杏子さんありがとう、是非伺わせて頂くわと言いました。

その時、薫の声色が変わったことを確信した杏子は、ねぇ、薫さん滝沢さんはいらっしゃらないけど、私だけでも山下先生のお茶会に入れてもらえないかしら、こう言っては何だけど本当は滝沢さんお茶をすることを渋っていたの、それを私が家にお招きするからって何とかね。と必死に話をしました。

薫が、杏子さんこの間もお話ししたけど、山下先生のお茶会には簡単には参加できないの、参加するにはそれ相応の資格が必要だわ、人脈とか地位とかねと言ったのだ。

その話を聞いた杏子は一瞬固まりスマホを持つ手を振るわせながら、つまり私にはその資格がないとおっしゃってるの?ふざけないであなた何様のつもりなの、そう言って電話を切ってしまいたいと思っていました。

しかし、もうあとには引けなくなった杏子は、でも薫さんそこを何とかお願いできないかしら、こちらも滝沢さんをご紹介するのだしと言いながら心の中では、我慢、我慢よ山下先生とのお茶会がかかってるんだものと思っていたのです。すると、薫は少し考えたあと、そうね、奥の手がないこともないわと言ったのだ。

その言葉に杏子は、奥の手?何、何なのそれは、教えてちょうだい薫さんとすがるような思いで言いました。すると、薫が電話ではちょっと話づらいので、今週のプリスクールのあとにお話しましょうと言ったのだ。

杏子はその時、本当に肝心なところで焦らすのがお得意なのねと思いながら、唇を噛み締めてイライラしてしまいました。

杏子はそのあと、わかったわ薫さん、次のプリで絶対ね約束よと言ったのです。杏子は電話を切ったあとスマホを持ったまま、ソファーで考え込むようにぐったりしていました。

やっとここまで来たんだから、お茶会に参加できるなら、何だってやってみせるわと思っていました。

またそれと同時に、真琴の2人目の妊娠であれほど行きたくなかったプリスクールが、嘘のように待ち遠しくなっていたのです。

モラルハザード1話~最新話まで全話は以下をご覧ください。

モラルハザードを無料で読む方法は?

モラルハザード」はマンガMeeで連載中です。

マンガMeeでは、毎日チケットが一枚もらえます広告をみるとコインが30コインも貰えるよ!占いしたら5コイン!モラルハザード」は、このチケットやコインを使うと無料でよめるよ。
最新話はコインがいる場合があります。しかし、時間が経てばチケットで読めるようになります。しかもダウンロードも無料。めんどくさい登録もしなくていいよ!



マンガMeeの詳細は下記をご覧ください。

マンガを無料で読む方法

マンガを無料男で読むには、書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおすすめです。電子書籍サイトの多くが、初回限定で無料ポイントがあります。無料で、お好きな漫画が読めます!無料又はお得に読める電子サイトはこちらです。



無料会員登録で無料漫画が3000作品以上!!

公式サイトはこちら


 

無料お試しが31日間で600円分のポイントGET!
さらに作品購入でポイント40%還元

公式サイトはこちら



無料会員登録で50%off。無料作品も豊富
すべてのまんが本が半額に
PayPayが使えてキャッシュバックも有り
公式サイトはこちら

モラルハザード 42話 感想

今回、真琴にしたらみんなから羨ましいと言われて注目されて、凄く気持ち良かっただろうし、何よりも、杏子に対してわざとらしく、男の子かもしれないと言ったあたりはゾクッとしました。

いかにもマウントを取ってるみたいに見えたし、男の子が欲しい杏子にしたら、嫌味にしが聞こえないし、真琴の意地悪な性格がにじみ出ていた気がします。

杏子もまた真琴におめでとう!と言いながらも全然目の奥が笑っていなくて、バチバチいがみ合っているやり取りが、読んでいる自分にまで手に取るように伝わってくるぐらいです。

あと、奈美がお休みだった理由は向日葵が体調が悪いと言ってましたが、また裏で何かが起きてそうだなぁっ?と勝手に色々考えてしまいました。

次回、ママ友は真琴にどんなお話をするのか?気になったし、杏子のどんな情報を握っているのか新たな展開が楽しみです!

つづきのモラルハザード43話はこちらから>>>

モラルハザードはまんが王国でも読めます。



マンガあらすじ
有関心倶楽部

コメント

タイトルとURLをコピーしました