漫画ネタバレ

子宮恋愛ネタバレ第14話(3)最新話|山手が、そうかごめんな苫田の声が聞きたくてと

子宮恋愛漫画ネタバレ

「子宮恋愛」ぶんか社コミックスで連載中佐々江典子先生の「子宮恋愛第14話(3)ネタバレです。

前話の子宮恋愛14話(2)は以下をご覧ください。

マンガを無料で試したい時は

子宮恋愛ネタバレ第14話(3)最新話|山手が、そうかごめんな苫田の声が聞きたくてと

まきは後ろから自分の肩を触る恭一に向かって、大丈夫!たぶん今日初めてお義父さんの清拭の手伝いしたから緊張しちゃったのかも?と言ったのです。

続けてまきは、お風呂お湯たまってるから恭一先に入る?と言ったのだ。すると恭一が、そうだな、とまきに言って、そのままお風呂場に向かいました。

まきは恭一が去ったあと、自分の体を触りながら、いつから恭一に触れられたくなくなったんだろう?と不思議に思っていたのです。

その時、まきのスマホに山手から着信が入りまきは画面を見て、メールじゃない?と思いながら、ドキドキしながら電話にでたのです。

そして、まきが嬉しそうに電話にでると山手はベッドに寝転んだまま、苫田!?とまきの名前を呼んだのだ。

すると、まきが山手さんどうかしたんですか?今自宅であまり長く話ができなくてと言うと山手が、そうかごめんな苫田の声が聞きたくてと寂しそうに言ったのです。

続けて山手は、飲み過ぎて家に帰るのが面倒になって今ホテルなんだと言ったのでした。その話を聞いたまきが山手さんが飲み過ぎ?意外ですねと少し笑いながら言ったのですが、山手が反応しなかったのでまきは大丈夫かと思い、山手さん!山手さん?と繰り返し名前を何度も呼んだのです。

すると、山手がまきに向かってもっと名前を呼んでと言ったのでまきは、酔ってますねぇと冗談っぽく言ったのだ。

そして、また山手からの反応がなかったので少し考えたまきは、山手さんと優しい口調で気持ちを込めて言ったのでした。

そのあと、パニックに陥ったまきが山手さん~と今にも泣き出しそうな声を出していると、山手がそのまま電話を切らないで!と言ったのです。

一方、まきは部屋で立ったまま言われた通りに山手の声を聞いていたのですが、それと同時にまきもまた山手に触れてもらえないことにもどかしさを感じていたのだ。

子宮恋愛 を無料で読む方法は?

漫画は、電子書籍配信サービスの他に動画配信サービスでも読むことができます。無料お試しでもらえるポイントを使えば、タダで漫画が読めることもあります。ぜひ参考にしてください。



無料会員登録で無料漫画が3000作品以上!!

公式サイトはこちら


 

無料お試しが31日間で600円分のポイントGET!
さらに作品購入でポイント40%還元

公式サイトはこちら



無料会員登録で50%off。無料作品も豊富
PayPayを使うとキャッシュバックも公式サイトはこちら

まんがを無料で読みたい時の一番のおすすめは、U-NEXTです!U-NEXTは、31日間の無料トライアル期間があります。この無料トライアルで登録すると、600円分のポイント もらえます!期間中に解約すれば大丈夫です。申し込み時に何日までって表示が出ますので安心ですね。

この600円分のポイントを使って、U-NEXTでまんがが無料で読めますU-NEXTは、マンガを読むだけではなく、映画やドラマの動画配信も種類がたくさんあります。アニメもあり無料で視聴できるものがたくさんあります。

たっぷりの無料期間で31日間U-NEXTの動画を無料で楽しめます。ぜひぜひ、U-NEXTの31日間無料トライアルを試してみてください!

違法サイトにはご注意!
マンガを無料で読めるようなサイトは違法サイトです。
違法サイトを見た人本人も罪に問われる危険性とウィルス感染の可能性もあります。
こちらで紹介している配信サービスで、ポイントなどを使って安心して漫画を楽しみましょう。ぜひ試してください。

子宮恋愛第14話(3)感想

恭一を何とか回避できたまきですが、恭一がお風呂から出て来たらどうなるのか!?凄く気になりました。あと、まきがまさかここまで恭一に苦手意識を感じていると個人的に思っていなかったので、人の気持ちって本当に複雑だなあっと改めて感じました。

また、酔っ払った山手の勢いには正直ビックリしたけど、山手らしいグイグイ迫ってくるストレートな態度には、まきと同じく自分まで感情移入してドキドキしてしまいます。

最後いつ恭一が来るか分からない状況だから余計にハラハラしたし、次回が楽しみで仕方がないです!

続きの子宮恋愛第15話(1)はこちらから>>>

まとめ

子宮恋愛のネタバレと感想でした。「子宮恋愛」は、U-NEXTの31日間の無料トライアルで、無料で読む方法もあります。ぜひ、「子宮恋愛」をいっしょに楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました