話題

鎌田美礼さんの経歴と顔画像「子役もしていた」女流棋士石田九段一門

kamatamirei話題

今年度中学2年になったばかりの鎌田美礼(かまだみれい)さんが、女流棋士の資格を得ました。2022年5月1日付で、東京本部所属の女流棋士2級になります。女流棋士番号は78です。

鎌田美礼(かまだみれい)さんがかわいいと話題です。顔画像と経歴を調査しました。

鎌田美礼(かまだみれい)子役もしていたかわいい顔画像

鎌田美礼さんは、スペースクラフトに所属して、子役もされていました。
2015年度ぷっちモデルオーディションで、ぷっち賞を受賞しています。

kamadamirei

2014年鎌田美礼さん5歳の時には、テレビドラマのこうのとりのゆりかごに出演されていたようです。

kamadamirei

kamadamirei

子役応援ブログより引用

鎌田美礼さんの小学校5年生当時の動画

鎌田美礼さんの将棋の得意戦法は「角換わり」です。
( 角換わりは、横歩取りや相掛かりといった他の戦法を「角交換をする」だけで避けることができる戦法です。)
kamadamirei

8:57 鎌田美礼さん 抱負
9:55 鎌田さんの得意戦法や好きな棋士は?

小学校五年生当時の鎌田美礼さんはまだ研修生ですが、対局前には、ココアを飲んで落ち着かせているそうです。
kamadamirei

鎌田美礼さんの好きな棋士は、師匠の石田九段を除いて、の質問には「高見先生」がすきな先生と答えていました。

鎌田美礼さんの顔画像

2019年6月22日アマ戦5回戦の鎌田みれいさんです。もう少しで10歳になるという時期の鎌田みれいさんです。

kamadamirei
https://book.mynavi.jp/shogi/mynavi-open/blog/detail/id=105066
考える姿もかわいらしい鎌田みれいさん。負けず嫌いなところもあるんでしょうね。

kamadamirei

かまたみれいさんの今後が楽しみで将棋に興味を持つ人も増えそうです。

kamadamirei

将棋をさす指もお子さんににしては長く見える鎌田みれいさん。

kamadamirei

 

鎌田美礼さんはめがねも似合い袴姿がかわいいです。

kamadamirei

鎌田みれいさんは、まだあどけない少女ですが顔立ちはしっかりしていて可愛いですね。

kamadamirei

kamadamirei

2018年10月第50期女流アマ名人戦Aクラスで23名の中で準優勝された鎌田みれいさん当時9歳です。

kamadamirei

鎌田美礼(かまだみれい)さんのプロフィール

kamadamirei

名前鎌田美礼(かまだみれい)
生年月日2008年6月24日
年齢2022年5月現在13歳中学2年生
出身地茨城県取手市
学校取手市立戸頭中学校在学中
師匠石田和雄九段 柏将棋センター
得意戦法居飛車
趣味読書
将棋を始めたきっかけ6歳の時父親に教えられて
女流棋士番号78

関東研修会B2クラス所属の鎌田美礼さん13歳から、女流棋士資格申請書が提出されました。2022年5月1日付で、東京本部所属の女流棋士2級になります。女流棋士番号は78です。

春一番。目出度く嬉しいニュースが飛び込んできました。
私共東葛支部会員であり、柏将棋センターに通う、今年度中学2年になったばかりの鎌田美礼ちゃんが、女流棋士の資格を得ました。
研修会でC1からB2へ昇級し、規定により女流棋士2級の権利を得ました。
もちろん、本人も女流棋士になるつもりでここまで頑張ってきた訳ですから、晴れて鎌田美礼女流2級誕生の運びとなるでしょう。
まだ13歳の美人中学生女流棋士。
現在の女流棋士の中での最年少は将来に向けて大いなる夢を、はばたかせてくれます。
しかも容姿端麗。これ以上はあえて申し上げませんが、加藤結李愛女流初段に次ぐ石田門下2人目の女流プロ棋士誕生となります。
男性プロの弟子諸君の活躍とまた一味違う女流棋士の飛躍は、今までにない喜びを感じます。美礼ちゃん、これからが勝負ですから、精進怠らず、ドンドン強くなることを願うばかり。
球は早い(終盤は強い)ですから、一流棋士になる素質ありと見ています。
大きく飛躍することを楽しみに待っています。

日本将棋連盟東葛支部 柏将棋センター
柏将棋センターは皆で楽しく将棋を指す、師...

鎌田美礼さんの2019年8月からの研修会成績

2019年8月からの鎌田美礼さんの研修会での成績です。
kamadamirei
いい感じに伸びているなーというコメントもありました!

鎌田美礼さんの対局時のくせ

柏将棋センターで対局をしてボコボコにされた人からの口コミです。

kamadamirei
鎌田美礼さんは、考えている時「エアピアノ」をするそうです。
可愛いでしょうね、見てみたいですね!

女流棋士誕生のジンクスがある

石田門下2人目の女流棋士が誕生です。
一人目は加藤 結李愛(かとうゆりあ)さんです。女流棋士番号65

石田先生は、女流プロが誕生すると「何かいいことがある」というジンクスがあると聞いたことがあります。かまだみれいちゃんが女流棋士になったということは、また誰か何かやってくれるかもしれないな、という期待があります、これも楽しみにしています。とおっしゃっていましたよ。

今後のご活躍が楽しみですね。引き続き、鎌田みれいさんの魅力を追記していきます。

鎌田美礼さんは柏将棋センターにいる

鎌田美礼さんの師匠は石田和雄九段です。
石田和雄九段の教室は、日本将棋連盟東葛支部柏将棋センターです。
千葉県柏市柏5-1-2 CS21ビル3F

鎌田美礼さんの中学校は取手市立戸頭中学校在学中

鎌田美礼さんは現在13歳の中学2年生です。
茨城県取手市戸頭7丁目1−1の取手市立戸頭中学校に在学中です。

鎌田みれいさんもこんな風に中学校で学ばれているのでしょうね。

kamadamirei

取手市立戸頭中学校では吹奏楽部に所属している鎌田美礼さん。パーカッションを担当しています。

パーカッションは打楽器です。(太鼓や銅鑼、トライアングル、カスタネット等のほか、叩くなり擦るなりすると音がなるという性質上、私たちの身体も打楽器です)

鎌田美礼さんの好きな科目は数学です。先を考えることや、たくさん考えて式を変形することなどが将棋と共通する部分があるそうです。

kamadamirei kamadamirei

鎌田みれいさんの通う戸頭中学校の周りには飲食店も多く、賑わった街のようです。同じ中学校から女流棋士誕生というニュースは喜ばしい出来事ですね。

kamadamirei

鎌田さんが将棋を始めたのは幼稚園年長だった6歳の時。父、敦胤(あつたね)さん(50)がパソコンの将棋ソフトで教えてくれたのがきっかけで、「最初は、ゲーム感覚で(将棋を)やっていた」と振り返る。

以来、自宅近くの子供将棋教室に通い、小学2年生から敦胤さんの勧めで、柏将棋センター(千葉県柏市)に移った。4年生から、日本将棋連盟が女流棋士を養成するための「研修会」に所属している。

プロを目指したのは中学1年生の時。小学6年生の時に病気で母親を亡くし、研修会では降級も経験するなど苦しい日が続いた。

もともと、「将棋はやらされている」という思いがあった。だが、母が生前言っていた、「女流棋士になってほしい」との言葉が頭を離れず、精神的に立ち直り、本格的に将棋に向かい合いプロを目指すようになった。

今年4月には、女流2級の資格を得られるB2クラスに昇級。今月1日付で念願だった女流2級への決定が日本将棋連盟から発表された。

kamatamirei

将棋の魅力について「毎回違うのが面白い。相手によって戦い方が大きく変わる」と話す。自らの性格を「おとなしい」と分析するが、将棋となると「攻めまくって激しい勝負になる」と静かに語る。

学校では吹奏楽部に所属しパーカッションを担当。科目では数学が好きで、先を考えることや、たくさん考えて式を変形することなどが将棋と共通するという。

引用:産経新聞

鎌田美礼さんデビュー戦は「黒星」2022年5月28日

1日付で日本将棋連盟の女流2級となり、同連盟の現役最年少の女流棋士となった中学2年生の鎌田美礼(かまだ・みれい)女流2級(13)が28日、東京・渋谷区の将棋会館で指された第16期マイナビ女子オープン予備予選で、中倉宏美女流二段(43)を相手に公式戦初対局に臨んだ。

kamadamirei

持ち時間は各30分で、後手の鎌田は先に1分将棋に突入。午後2時33分、109手で中倉に敗れ、初陣は黒星となった。

引用:スポーツ報知

コメント

タイトルとURLをコピーしました