知床観光船KAZUⅠカズワン事故

鈴木智也さん彼女のゆっちに「帰りに渡すつもりだった手紙」知床遊覧船犠牲者

suzukitomoya知床観光船KAZUⅠカズワン事故

2022年4月23(土)北海道知床半島沖で26人を乗せた観光船が遭難した事故の犠牲者のおひとり、鈴木智也(すずきともや)さん。鈴木智也さんの彼女はまだ見つかっていません。
鈴木智也さんは彼女にプロポーズをする予定でした。
加藤七菜子ちゃんの父親のブログ
橳島優さん「筑波大学で帰国子女」

小池駿介さんリオン・ドール御曹司
【知床遊覧船】社長桂田精一の妻

鈴木智也さんの彼女へあてた手紙の内容

鈴木智也さんが彼女にあてた手紙を遺族が公開されました。鈴木智也さんの彼女への思いや感謝の気持ちが書かれていました。

産まれてきてくれてありがとう、愛しています」とつづられていたそうです。また「嫁になってくれますか?」とも書かれていました。

Suzukitomoya

手紙と一緒に彼女へのプレゼントのティファニーのペンダントも見つかりました。

こんな手紙をもらったら、女性として本当に一生の宝物ですね。こんなに愛し愛されているお二人が犠牲になったことは本当に残念でなりません

ネットでは、こういう手紙を晒すのは嫌だなという意見もあります。本当にこれは二人だけの大切なものですよね。

suzukitomoya

私も何かで死んだあと、家族部屋を掃除されて見られたくないものを見られたり、全国民に見られるのは嫌です。載せてごめんなさい。

鈴木智也さんの彼女への手紙が残されていた車内

鈴木智也さんは、彼女とともに知床観光船「KAZU1(カズワン)」に乗船していました。2022年4月23日彼女の誕生日に指輪を彼女には内緒で隠し持っていました。鈴木智也さんは彼女に知床半島の船上でサプライズのプロポーズをしようとしていました。

suzukitomoya

知床観覧船の駐車場には鈴木智也さんの車が残されたままでした。

suzukitomoya

鈴木智也さんの父親は、事故のあった4月23日土曜日たまたま携帯を見ていたら、クルーズ船沈没のニュースを目にしました。息子の鈴木智也さんが行っていると思い、鈴木智也さんの携帯に連絡をしました。全く通じませんでした。

suzukitomoya

鈴木智也さんと父親は、親友であり友達ですと話すほど、仲の良い親子でした。4月23日も彼女の誕生日で船上でプロポーズをすることを事前に聞いていました。鈴木智也さんは彼女との交際を父親に話し家族ぐるみのお付き合いだったのでしょう。鈴木智也さんと彼女はご一緒に住まれていたと報道されています。

ご結婚された後も、仲睦まじいご両家のご家族を想像すると涙が止まりません。

鈴木智也さんの父親の鈴木剛さんは、「鈴木智也さんが彼女に書いた手紙が車に残っていました。辛くてとても読めていません。(知床観覧船には)憤りだけです」と話しています。

鈴木智也さんは22歳です。おそらく鈴木智也さんの彼女も同年代の女性でしょう。同じ22歳だったかもしれません。私にも22歳の息子がいます。息子の彼女は息子より1つ年下です。若い二人を見ていると自分の若いころを思い出します。この先にどんなことがあっても二人で居れば大丈夫という固い気持ちがあったでしょうに、記念となる彼女のお誕生日とプロポーズという人生最大の記念日にこんな大惨事の事故に遭ったお二人とご遺族には言葉もないです。

まだ鈴木智也さんの彼女は見つかっていません。船が沈んで行く中、お二人ご一緒に手を取り合っていらっしゃったたのではないかと思うと本当に辛いです。

加藤七菜子ちゃんの父親のブログ
橳島優さん「筑波大学で帰国子女」

小池駿介さんリオン・ドール御曹司
【知床遊覧船】社長桂田精一の妻

鈴木智也さんの彼女「ゆっち」の誕生日は4月23日

鈴木智也さんの彼女の女性は北海道北見市の女性です。地元の幼馴染からはゆっち」という愛称でよばれていました。スポーツが得意で運動会で幼いころの運動会では1等賞を何度もとるほどの活発な女性です。

鈴木智也さんの彼女の「ゆっち」は、北海道の十勝の音更町で育ちました。十勝川温泉が有名な観光地です。

22歳という年齢で結婚を考える彼女ですので、それなりに長い期間お付き合いされていたのでしょう。

バイクが好きだったという鈴木智也さん。
鈴木智也さんの彼女も活発だったということで、ご一緒にバイクも楽しまれていたのかもしれません。
suzukitomoya

孫を通じて彼女を知り、北海道十勝の音更町で暮らす高齢の夫妻は、グラウンドを駆ける姿が印象に残り、庭でよく一緒にバーベキューをしたことを覚えているという。妻は遭難後、孫から鈴木さんとゆっちが一緒に写った写真を見せてもらった。幸せそうな顔をしていた。事故のあった23日は、ゆっちの誕生日。鈴木さんがプロポーズするつもりだったと報道で知り、夫は「喜びいっぱいで船に乗ったはず。悔しい。こんな運命が……」と言葉を詰まらせた。

鈴木智也さんの彼女のお誕生日の日にプロポーズを決めようとずっと計画を練られて楽しみにされていたのでしょう。

加藤七菜子ちゃんの父親のブログ
橳島優さん「筑波大学で帰国子女」

小池駿介さんリオン・ドール御曹司
【知床遊覧船】社長桂田精一の妻

鈴木智也さんの葬儀

2022年5月1日にの午後6時から鈴木智也さんの通夜が始まりました。

市内で1日午後6時に始まった智也さんの葬儀には、親族や高校の同級生などが参列しました。  智也さんの父、鈴木剛さん(51)は、「毎日本当に辛かった。ただ悔しいです。息子にはゆっくりと休んで、と伝えたい」。  智也さんは、交際相手の女性とともに観光船「KAZU1(カズワン)」に乗船し、彼女の誕生日に指輪を隠し持って、船上でサプライズのプロポーズをしようとしていました。  剛さんは、「彼女に書いた手紙が車に残っていました。辛くてとても読めていません。(運行会社には)憤りだけです」と話しました。
suzukitomoya

「ゴールデンウイークに焼肉する予定だった。高校時代は毎日のように連絡を取っていた。明るい人だった。本当に悲しい。周りが結婚していたので、自分もそろそろだという話をしていた」と葬儀に参列した智也さんの高校時代の同級生は、友人の突然の死を悲しみました。

鈴木智也さんが愛用していたオートバイと車です。

suzukitomoya

鈴木智也さんの彼女交際相手の女性は、まだ見つかっていません。 捜索には海上保安庁を始め海上自衛隊、北海道警察や地元の観光船、漁師さんなどが捜索を続けていますが、捜索は難航しています。

2022年5月1日現在、26人のうち14人が見つかり死亡が確認されています。

  • 鈴木智也さんは彼女をサプライズで知床旅行に連れ出し、船上でプロポーズすることにしていた
  • 鈴木智也さんの上の兄貴が結婚したばかりなので、憧れと夢を持って本人も早く結婚したいという気持ちがあった。
  • 知床観覧船の港近くの駐車場に止められた鈴木智也さんの車の中には、彼女宛ての手紙が残されていました
  • 鈴木智也さんの彼女はまだ見つかっていません
  • 「本来なら2人で見つかってほしかった…。一緒に連れて帰りたかった…。」

冷たい海に投げ出され寒い思いをした智也さんのために遺族が用意したダウンジャケットなどの防寒着が葬儀飾られていました。鈴木智也さんの棺に入れられます。suzukitomoya

北海道の知床半島沖で沈没した観光船に乗っていた北見市の鈴木智也(すずき・ともや)さんの通夜が実家のある帯広市で営まれ、父親の剛さんが息子を奪われた深い悲しみを話してくれました。
◆鈴木智也さん(22)の父・剛さん 「(智也は)息子であり、親友。とにかくつらかった…。悔しい…残念です。これからの若い人生を思うと言葉にならない。ゆっくり休んでくれと…」  北見市に住む鈴木智也さんは、4月23日、知床半島沖で小型観光船「KAZU I」(カズ・ワン)のクルーズに交際中の彼女と乗船中、沈没事故の犠牲となりました。 父親・剛によりますと、智也さんは、交際中の彼女をサプライズで知床旅行に連れ出し、船上でプロポーズすることにしていたということです。  観光船が出た港近くの駐車場に止められた鈴木さんの車の中には、プロポーズを予定していた彼女宛ての手紙が残されていたということです。 ◆鈴木智也さん(22)の父・剛さん 「上の兄貴が結婚したばかりなので、憧れと夢を持って本人も早く結婚したいという気持ちがあった。(智也さんの)車を回収するときに彼女に宛てた本人の手紙が出てきた。つらくて読めなかった…。プロポーズということでサプライズを兼ねて用意していたものだと思う」  乗客乗員26人を乗せた小型観光船「KAZU I」(カズ・ワン)の沈没事故では、これまでに乗客14人が死亡し、12人が行方不明のままで、智也さんの交際相手の彼女もまだ見つかっていません。 ◆鈴木智也さん(22)の父・剛さん 「本来なら2人で見つかってほしかった…。一緒に連れて帰りたかった…。二度とこんな悲しいことはしてほしくない。運航会社には憤りだけです」  通夜の会場には、冷たい海に投げ出され寒い思いをした智也さんのために遺族が用意したダウンジャケットなどの防寒着が飾られていました。

加藤七菜子ちゃんの父親のブログ
橳島優さん「筑波大学で帰国子女」

小池駿介さんリオン・ドール御曹司
【知床遊覧船】社長桂田精一の妻

コメント

タイトルとURLをコピーしました