知床観光船KAZUⅠカズワン事故

橳島優(ぬでしまゆう)さんの経歴と家族「筑波大学で帰国子女」知床観光船死亡

nudeshimayu知床観光船KAZUⅠカズワン事故

2022年4月23日(土)午後、知床半島西部を巡る観光船「KAZUⅠ(カズワン)」が事故。千葉県松戸市に住む橳島優(ぬでしまゆう)さん34歳男性もこの船に乗っていて死亡が確認されています。
橳島優(ぬでしまゆう)さんの経歴・家族を調査しました。

小池駿介さんリオン・ドール御曹司
【知床遊覧船】社長桂田精一の妻
加藤七菜子ちゃんの父親のブログ
鈴木智也さん彼女のゆっち

橳島優(ぬでしまゆう)さんの顔画像

橳島優(ぬでしまゆう)さんの顔画像です。温厚な好青年です。動じず怒ったりしないような優しいお顔立ちですね。

nudeshimayu

橳島優(ぬでしまゆう)さんは「旅行好きで明るい人だった」そうです。
小池駿介さんリオン・ドール御曹司
【知床遊覧船】社長桂田精一の妻
加藤七菜子ちゃんの父親のブログ
鈴木智也さん彼女のゆっち

橳島優さんは「筑波大学」卒業

橳島優さんの出身大学は筑波大学です。
橳島優さんが、当時筑波大学で所属していたゼミの指導教官だった筑波大学の教員2人が4月26日(火)に報道陣の取材に応じました。

「若くして亡くなったのは残念」
「これからいろいろやりたかったことがあったと思う」

と、筑波大学で橳島優さんのゼミの指導教官だった教員の二人は無念の思いを語りました。

教員2人は同大システム情報系の松島亘志教授(55)と
山田恭央名誉教授(72)。

橳島優さんは帰国子女枠で筑波大学に入学をしました。2006年8月から2012年7月まで橳島優さんは筑波大学に在籍していました。

nudeshimayu

橳島優さんは筑波大学の地盤工学研究室に所属して、鉄道の安全性についての研究をしていました。橳島優さんは筑波大学を卒業後、大手鉄道会社に就職が決まったと報告を受けた事を話していました。

nudeshimayu

松島教授は「とてもバイタリティーのある学生だった。帰国子女ということもあり、物おじせずに教員とも接していた」と橳島優さんの事を振り返って話しました。
山田名誉教授は「橳島優さんは、1人で黙々と研究に励んでいた。若くして亡くなり残念だ」と語りました。
松島教授は「信じられない思い。橳島優さんは、これからやりたいことがあったと思うと残念でならない」と悔しさをにじませた。松島教授自身も知床の遊覧船観光をしたことがあるといい、「安全第一にしてほしいと強く感じる」と訴えました。

英語が堪能で旅行や列車が好きだったといい、卒業旅行で訪れたフィリピンでは小型セスナ機の免許を取っていました。
小池駿介さんリオン・ドール御曹司
【知床遊覧船】社長桂田精一の妻
加藤七菜子ちゃんの父親のブログ
鈴木智也さん彼女のゆっち

ぬでしま優さんは帰国子女

橳島優さんは、中学校卒業前に家族でオランダのアムステルダムで、インターナショナルスクールに通っていました。オランダは子供の幸福度が世界1位で、個性を尊重する国です。橳島優さんものびのびとした学生生活を送っていたことでしょう。

当時語学を教え、最近まで連絡を取り続けた香川県さぬき市に住む、橋本八重子さん72歳は橳島優さんの事を、
「気は優しくて力持ち。昔話の主人公のような青年だった」と語りました。
小池駿介さんリオン・ドール御曹司
【知床遊覧船】社長桂田精一の妻
加藤七菜子ちゃんの父親のブログ「北海道横断記」

千葉県松戸市の橳島優さん両親「冷たい海の中で死ぬ間際まで無念」息子への思い

橳島優(ぬでしまゆう)さんの両親が涙ながらに息子の橳島優さんへの思いを打ち明けました。

nudeshimayu

「冷たい海の中で、死ぬ間際まで無念だったと思う」

4月23日(土)に起きた知床観光船事故。4月27日に橳島優(ぬでしまゆう)さんのご両親が取材に答えています。

ぬでしまゆうさんの父親は、
「まだ4月の北海道なんて寒くて海なんかとてつもなく冷たいでしょう。あれだけ荒れた海で冷たい中に入って。恐怖と本当に冷たいのと怖いのと、本当に死ぬ間際まで無念だったと思いますよ」

橳島優(ぬでしまゆう)さんのご両親は、橳島優(ぬでしまゆう)さんの身元を確認するために、北海道の知床を訪れていました。

しかし、4月27日に記者会見を開いた運航会社の「知床遊覧船」の桂田精一社長は、被害者遺族の前に一度も姿を見せなかったということです。

橳島ゆうさんの父親は
「社長の顔もテレビでここに来てから初めて見ました」と答えています。

知床まで行ったのに社長には直接会っていないのですか?

橳島さんの母親
「そうです。一度もないです。説明会はあったけど」

知床観光船の事故を起こした「知床遊覧船」の桂田精一社長が、4月27日に記者会見を開いたことについては、「対応が遅い」と批判しました。

橳島さんの父親
「(土下座は)ポーズで成り行き上というか、土下座して謝れって言われたらせざるを得ないですよね」

被害者の遺族に直接会いもしない桂田精一社長の土下座は、誰に向けてのパフォーマンスだったのでしょうか。

橳島さんの両親は、今後について「息子の死に静かに向き合いたい」と話しています。
小池駿介さんリオン・ドール御曹司
【知床遊覧船】社長桂田精一の妻
加藤七菜子ちゃんの父親のブログ
鈴木智也さん彼女のゆっち

橳島優(ぬでしまゆう)さん34歳はパイロットを目指していた

nudeshimayu
橳島優(ぬでしまゆう)さんはパイロットを目指していました。

「お金をためて、パイロットになることを目指していた」

橳島優さんは約10年ほど前、フィリピンにある飛行機免許スクールに1年ほど通っていました。

ぬでしま優さんは飛行機が大好きで、事業用操縦士の免許を取る夢を持っていました。フィリピンの飛行機免許スクール在学中に橳島優さんは、初めて単独飛行を達成した時には一緒に喜んだというマニラ在住の外国人男性は、橳島優さんの事を「良い友人だった。本当に悲しい知らせだ」と悔しがっていました。
小池駿介さんリオン・ドール御曹司
【知床遊覧船】社長桂田精一の妻
加藤七菜子ちゃんの父親のブログ
鈴木智也さん彼女のゆっち

橳島優(ぬでしまゆう)さんはJR貨物に勤務後転職

橳島優さんは、筑波大学卒業後は鉄道会社のJR貨物に勤務をして車掌や運転手を務めました。その後転職し、IT関係の仕事に就いていたそうです。

nudeshimayu

小池駿介さんリオン・ドール御曹司
【知床遊覧船】社長桂田精一の妻
加藤七菜子ちゃんの父親のブログ
鈴木智也さん彼女のゆっち

橳島優さんのご家族

橳島優さんはとても家族思いでした。
橳島優さんの知人は、少し前に「父がもうすぐ退職なので妹とプレゼントを考えている。何が良いでしょうか」と言っていたと振り返り「あの穏やかな笑顔の優がもういないなんて」と声を詰まらせていました。

4月26日の夜、橳島優さんのご両親が橳島優さんの遺体を引き取りに訪れた北海道から松戸市の自宅に戻りました。

橳島優さんのご両親は「ただ無念です。それだけしかありません」と涙ながらに口をそろえて話しました。

死亡が確認された千葉県松戸市の橳島優(ぬでしまゆうさん)の知人たちは、突然の知らせに悲嘆に暮れていました。
小池駿介さんリオン・ドール御曹司
【知床遊覧船】社長桂田精一の妻
加藤七菜子ちゃんの父親のブログ
鈴木智也さん彼女のゆっち

橳島優さんのFacebook「小型船舶も運転できる」

橳島優さんのFacebookのアカウントを検索しました。オランダのアムステルダムのインタナショナルスクールに行っていたことと、英語が堪能だったということで、Yu Nudeshimaで検索しますと、橳島優さんと思しきフェイスブックアカウントがありました。マニラ在住と登録になっていました。出身地は那覇となっています。フィリピンのマニラにいる時に登録されたのかもしれません。

nudeshimayu

その中には、当時語学を教え、最近まで連絡を取り続けた香川県さぬき市に住む、橋本八重子さん72歳と同じ名前の女性のアカウントも橳島優さんの友人の中にありました。
そのFacebookアカウントの橳島優さんのアイコンには、小型船舶の免許証が載せてありました。このアイコンは2014年3月にプロフィール画像を変更されていました。小型船舶の住所は茨城県になっていました。
橳島優さんはセスナだけでなく、小型船舶の免許もお持ちの方だったようです。

小池駿介さんリオン・ドール御曹司
【知床遊覧船】社長桂田精一の妻
加藤七菜子ちゃんの父親のブログ

鈴木智也さん彼女のゆっち

コメント

タイトルとURLをコピーしました