秀岳館高校サッカー部暴力コーチ

秀岳館サッカー部監督の発言がヤバい「俺は被害者」暴行コーチ動画

syuugakukan秀岳館高校サッカー部暴力コーチ

秀岳館サッカー部の段原一詞監督が2022年4月25日月曜日のTV番組の「スッキリ」に出演しました。そのうらでは、段原一詞(だんばらかずし)監督のサッカー部員たちへの脅迫めいた発言が明らかになっています。

段原一詞監督のサッカー部員たちへの発言を調査します。

秀岳館高等学校会見まとめ釈明動画にダメ出し

秀岳館高等学校の校長は中川靜也
秀岳館高等学校の謝罪サッカー部

嘘をついて火消しをしようとしたスッキリの加藤さんがキレた

5月5日の秀岳館高等学校の会見を見た加藤さんは、5月6日のスッキリの放送でこのように話していました。

生放送のスタジオで何個も嘘をついてる。その時点で教育者としてもうだめですよ。
生放送に自分から出てきて謝罪したいとおっしゃっていて、僕は何度も確認してるのに結局こうやって全部これ出てきて
結果として嘘をついたことになりますと段原一詞監督は言っていますが
嘘をつきに来たんだよ!スタジオに。間違いない。嘘をついてそれで火消ししようと思ったんだ。

秀岳館高等学校会見まとめ釈明動画にダメ出し

追記)サッカー部の謝罪動画は監督主導だった!

サッカー部のコーチによる暴行動画の流出から2週間、5月4日に秀岳館高校の保護者に対する説明会が開かれました。

秀岳館高校の保護者への説明会では生徒へのアンケートで過去2年間でサッカー部の監督やコーチなど職員から生徒への暴力が20数件、部員間での暴力が十数件確認されていることを報告しました。

生徒主体で撮影したという謝罪動画は、実際は段原監督の指示のもと本人が出て、名乗って謝罪するようにという指示で作成された謝罪動画でした。

秀岳館高等学校会見まとめ釈明動画にダメ出し

衝撃!サッカー部監督の「スッキリ」での発言と生徒への発言の違いが判明!

秀岳館高等学校サッカー部の段原一詞監督は、スッキリの加藤さんの前では、おっしゃる通りでございます。と話す一方で暴行の動画を投稿したサッカー部員に脅迫するような話をしています。

秀岳館高等学校会見まとめ釈明動画にダメ出し

秀岳館高等学校の校長は中川靜也
秀岳館高等学校の謝罪サッカー部

段原一詞監督はTV「スッキリ」に出演時は投稿した生徒に矛先が行くのは違うという加藤さんに同意していた

「スッキリ」MCの加藤さんは、
「暴行がある事実を投稿した生徒に、なんでだよって矛先が行くのは違う。生徒が嫌な思いをするようなことだけはないように守ってほしい」と話しました。段原一詞監督は「もう同感でございます」と沈痛な面持ちで答えていました。

syuugakukansakka-bu

なんかポイントとしてね、
syuugakukansakka-bu
みんなに暴行があったことを知ってもらいたいという生徒がいて、そういう感情があって、

syuugakukan
2人ですか3人で投稿したんですか?
暴行されたのは1人で投稿したのは2人です。

その子たち(投稿した子)に矛先がいって
syuugakukansakka-bu

何でだよっ!てなるのは僕は違うと思っていて
syuugakukansakka-bu

なんでお前たちアップしたんだよ!冷静になれよ!監督に一回くれよ!って

syuugakukansakka-bu

投稿した子たちが監督や学校側に言って、その子たちが

syuugakukansakka-bu

生徒たちが、アップしなきゃよかったっていう感情になるのだけは避けてもらいたい。


そこは、暴行したという事実があったことを出したこと

syuugakukan

そのアップした生徒たちが嫌な思いをしないように

syuugakukansakka-bu

暴行した事実を出したという
「アップしなきゃよかったと」思う感情は僕は違うなと思っている。
syuugakukansakka-bu

そこだけ守ってほしいと思うんですよね監督に

syuugakukansakka-bu

その辺は監督はどう思っていますか?

syuugakukansakka-bu

いやもう同感でございます。

syuugakukansakka-bu

暴行の事実をみんなに伝えたかった生徒たちが、動画をアップしたことを、投稿しなければよかったなと思うことがないように、監督に守ってほしいといった加藤さんに対して、「いやもう同感でございます」と生徒たちを思いやる、いい監督の姿を見せつけていました。

秀岳館高等学校会見まとめ釈明動画にダメ出し

秀岳館高等学校の校長は中川靜也
秀岳館高等学校の謝罪サッカー部

段原一詞監督は4/22(金)サッカー部員に自分は被害者発言

サッカー部での段原一詞監督の音声ではこんなことを言っています。生徒たちを守るべき立場の監督が、生徒たちに向かって、本当は謝って済むような問題じゃない。監督は「俺が一番の被害者だ」弁護士の仲間がいるからおまえら訴えられるんだよ、なんて話まで出しています。

被害者は「S」(暴行された生徒)
「N」と「K」(投稿した生徒)は加害者
これだけの騒ぎになって、完全な被害者は俺だけ(監督)
俺が訴えたらどうする?世の中そうなるよ。
完全に俺に迷惑かかっている。俺の仲間の弁護士たち
本当は謝って済むような話じゃない
俺たちが被害被った分損害賠償請求やで。
西森とかえで(投稿した生徒)は加害者だと何度も念を押していました。

syuugakukansakka-bu

まあ今回の事に関しての被害者はSやな。西森とかえでは関係ないな。NとKは加害者や。

syuugakukansakka-bu

syuugakukansakka-bu
syuugakukansakka-bu

syuugakukansakka-bu
syuugakukansakka-bu

syuugakukansakka-bu



投稿した生徒に、なんでだよってなるのは違う、という加藤さんに答える監督「はいもう同感でございます。

これでは生徒がついていきませんね。
これまで生徒は監督の言葉に理不尽な思いを何度もしてきたのでしょう。だから、監督の話を録音しようという気持ちになったのでしょう。生徒と監督の信頼関係は既に崩壊していたんですね。

秀岳館高等学校会見まとめ釈明動画にダメ出し

秀岳館高等学校の校長は中川靜也
秀岳館高等学校の謝罪サッカー部

秀岳館サッカー部の段原一詞監督のスッキリ出演に関して

段原一詞監督は、今回の「スッキリ」の出演について「基本的には私の意思ですが、私はサラリーマンですから。当然ここに来る前に、理事長、校長とは協議をして、熟慮して参っています」と説明しています。
秀岳館高等学校の校長は中川靜也

秀岳館高等学校の謝罪サッカー部

秀岳館高等学校会見まとめ釈明動画にダメ出し

サッカー部監督の段原一詞は「秀岳館学校長補佐」で家族は妻と娘がいる

秀岳館サッカー部段原一詞監督のプロフィールです。秀岳館高等学校のホームページは現在閲覧不可能です。誹謗中傷が多いため生徒の人権を尊重するためと主張する学校側に、またまた非難殺到です。なぜ監督がTVに出たのだ!という非難も!

dannbarakazushi

名前:段原一詞(だんばらかずし)
年齢:49歳(2022年4月)
家族:妻、娘

東海大学第五高等学校から陸上自衛隊に入隊その後日本大学
1997年高知県明徳義塾高等学校サッカー部監督
2001年熊本県秀岳館高校サッカー部監督

全国選手権大会に導く

輩出したJリーガーは2022シーズン藤枝MYFC加入のペドロ選手、カウアン選手で13人目になる。
秀岳館高校校長補佐 2022年4月より就任

※明徳義塾 全国選手権1度(初出場)インターハイ1度(初出場)四国大会3度
秀岳館 全国選手権1度(初出場)九州大会3度

dannbarakazushi

段原一詞サッカー一筋、寮生活20余年

秀岳館サッカー部の監督は、生徒たちと同じ寮に住んでいて、日ごろの人間性も段原一詞監督に教えられているんですね。

その生徒たちに音声を録音されるとかって、信頼関係のなさが浮き彫りになりました。寮生活でお子さんを預けている親御さんたちはさぞご心配でしょう。
しかし、コーチの暴力や、監督の暴言を「おかしい事はおかしい」と生徒たち自ら発信する気持ちが今回の騒動に発展し、サッカー部の皆さんには自信をもっていただきたいですね。

dannbarakazushi

「サッカー場は、世の中の縮図です」という監督

告発した生徒を加害者とし、監督自身が一番の被害者だと言って生徒に脅迫まがいな事を言うことが、これが世の中だと教えていました。

監督の寮内ではこれまで20年間、通用してきたのかもしれませんが、そんなことは世の中では通用しません。監督の娘さんに一喝してもらえばいいんじゃないでしょうか。

dannbarakazushi

あの声は、秀岳館サッカー部監督の声

今回のSNSに投稿された声は、たぶん監督の声だろうと学校側も断定はしていませんが認めています。

監督自身、生徒たちはちゃんとわかっているでしょう。

熊本県八代市の秀岳館高男子サッカー部の寮で男性コーチが部員を殴ったり蹴ったりした動画が出回ったことを巡り、動画を投稿したとみられる部員2人を名指しして「加害者だ」と言う男性の声が25日、交流サイト(SNS)上に投稿された。段原一詞監督(49)の声とみられ、学校側は「断定はできないが、たぶん監督の声だろう」と説明した。

音声は25日午前、ツイッター上に投稿された。部員2人を「加害者」とした上で「完全な被害者はたぶん俺だけだ。俺はおまえな、これ迷惑がかかっている。俺が仲間の弁護士たちに『被害を受けた』って言って(部員2人を)訴えたらどうするか。本当に謝って済む問題じゃない」などとする声が記録されている。

段原監督は熊日の取材に対し、自らの発言かどうかは明言せず、「記憶にないということじゃない。いろんなことをしゃべっている。どんな所でどんなことをしゃべったのか確認中」「否定とも肯定ともしないということではない。僕のものであるかどうかも分からない」などと述べた。

学校は25日、各学年の集会で、生徒に不安を抱かせたことを謝罪したという。(山本遼、箕島竜己)
熊本日日新聞より引用

 

秀岳館高等学校会見まとめ釈明動画にダメ出し

秀岳館サッカー部のコーチによる暴行を発端に学校の闇が暴かれる!

  • 2022年4月20日(水)秀岳館高等学校に匿名の通報が入る
  • 寮内でサッカー部員が30代の男性コーチから暴行を受けている動画が拡散されている事実が発覚
  • 2022年4月21日(木)熊本県警が3人を事情聴取
  • 2022年4月22日(金)サッカー部の選手11人がサッカー部公式ツイッターに経緯説明の動画を投稿してお騒がせしたこと、暴力は日常ではないことの謝罪をし拡散。サッカー部の監督や校長、学校関係者大人の姿はない生徒主導の謝罪でした。
  • 2022年4月23日(土)謝罪動画は再生回数100万回を超えたが、削除された。4月24日に予定されていたのリーグ戦6試合が延期になる。
  • 2022年4月25日(月)段原監督は朝のTV番組「スッキリ」に生出演で一連の騒動を謝罪。一方で、暴力動画を拡散させたとされる部員2人を加害者扱いをして、自分は被害者だという段原一詞監督の音声がツイッターに投稿される。
  • 2022年4月25日(月)秀岳館高等学校は学年ごとの集会を開いて、合計3時間にわたって、生徒約1000人に事情を説明。
  • 2022年4月26日(火)学校が、ツイッターの音声について、段原一詞監督の不適切発言だったことを認めて、謝罪。また暴行をした当該コーチが、すでに退職願を提出していたことが判明。コーチは書類送検されている
    syuugakukansakka-bu

秀岳館高等学校会見まとめ釈明動画にダメ出し

コメント

  1. 名無しの権兵衛 より:

    西森君とかえで君は日頃のアンタの態度を腹に据えかねてSNSに投稿したんでしょうな。しかもかてて加えて言い訳暴言をシッカリ録音されるとは、イヤハヤ手のほどこし様がない御仁としか……。

  2. 匿名 より:

    数年前の出水中央の監督を思い出した。学校の隠蔽体質、監督個人の人間性の酷さ、中途半端な強豪校と状況がかなり似てる。出水中央は世間が忘れた頃にまた監督に戻したみたいだし、学校現場の闇は深いな。

  3. 匿名 より:

    段原一詞。心の底からクソみたいな人間。こんな奴が世間的には尊敬とか社会的地位とか持ってるんだから世の中の人がどれだけ人を見る目が無いって事。監督は監督責任がある。部内で何かあったら全責任を負う、少なくともその気持ちで生徒を預かるべき。なのになんだこいつ。子供が加害者で私が被害者って・・。元自衛隊上がりらしいが、女の腐ったのみたいだな。この監督だったらコーチもそりゃ暴力振るうわ。だってこいつ自衛隊でやってる事と同じ事してるんだもん。自分が上官で生徒は部下だとでも思ってるだろう。久しぶりにこんなクソみたわ・・。

  4. 匿名 より:

    流石日大ブランド。

  5. さすけ より:

    まだまだ暴力がまかり通る世界が学校なのかもしれません。しかし、SNSで訴える力があるだけましです。特別支援の生徒は暴言や暴力をされても訴えられません。高知の光の○●特別支援学校も生徒は日常茶飯事の暴言暴力を訴えることはできません。県の私学課など役に立ちません。

  6. 匿名 より:

    まだまだ暴力がまかり通る世界が学校というのは間違い。学校そのものではなく「スポーツ界」だ。理論や道徳など皆無。脳筋が感情の赴くままに振る舞い、それを後付けで「理論」として稚拙な言葉で得意気に語る。

タイトルとURLをコピーしました