あおり運転殺人

川島陸容疑者のあおり運転「ドライブレコーダー」北島明日翔さん殺人罪

あおり運転殺人

2022年3月28日(日)午後6時半ごろ、川島陸容疑者は、大阪府堺市南区の泉北1号線で北島明日翔さんが運転するバイクに車を衝突させ、殺害した殺人罪の疑いで逮捕されました。
川島陸容疑者のあおり運転とドライブレコーダーについて調査します。

川島陸容疑者はドライブレコーダーのSDカードを捨てていた

川島陸容疑者は逮捕時、川島陸容疑者のドライブレコーダーのSDカードは入っていなかったと説明していました。

川島陸容疑者のドライブレコーダーのSDカードが事故の現場付近の植え込みで見つかっていたことが分かりました。川島陸容疑者のドライブレコーダーのSDカードには、あおり運転の様子が記録されていました。
川島陸容疑者は自分の車のドライブレコーダーのSDカードを自分で抜き取り証拠を隠滅したようです。

堺市南区で3月下旬、あおり運転の乗用車に衝突されたバイクの男性が死亡した事故で、殺人容疑で再逮捕された川島陸容疑者(27)の車のドライブレコーダーに装着されていたSDカードが、現場付近の植え込みで見つかっていたことが5日、捜査関係者への取材で分かった。カードにはあおり運転の様子が記録されており、大阪府警は川島容疑者が事故直後にカードを抜き取って投げ捨て、証拠隠滅を図ったとみて調べている。

ドライブレコーダーを押収したところ、SDカードは入っておらず、川島容疑者は「(カードは)もともと入っていなかった」と説明。しかし、事故翌日、事故現場近くの植え込み上に放置されているのが見つかり、バイクに接近するなどあおり運転の様子が記録されていたという。

川島容疑者は「殺意はなかった」と容疑を否認しているが、府警はSDカードの記録などをもとに容疑の裏付けを進めている。

川島陸容疑者Facebook顔画像
川島陸容疑者のあおり運転車を特定

追記)川島陸容疑者の顔画像【実況見分4/11】

追記)2022年4月11日月曜日実況見分が行われました。

kawashimariku

川島陸容疑者を、事件現場で実況見分に立ち合わせています。

kawashimariku

一般車両を通行止めにして、川島陸容疑者の実況見分が行われました。

kawashimariku
川島陸容疑者の全身画像です。

kawashimariku

川島陸容疑者は、現場で手を合わせています。

kawashimariku
しかし、まだ川島陸容疑者は、黙秘を続けています。

川島陸容疑者のあおり運転

川島陸容疑者のあおり運転の現場となったのは、片側2車線の直線道路です。川島陸容疑者の乗用車の後続を走っていた車のドライブレコーダーに残っていたのは、事故直前の川島容疑者の乗用車の様子でした。

川島容疑者の乗用車は片側2車線の道路で、川島容疑者の乗用車が北島明日翔さんのバイクを追い越そうとしながらも、なかなか追い越せない様子が映っていました。

aoirunten

その後4キロメートにわたり、接近したり幅寄せ行為を繰り返しました。その間の時間は約3分間です。

北島明日翔さんのバイクが右斜線を走行中、左車線を走っていた川島陸容疑者の乗用車は、急ハンドルを切って急に斜線を変更して北島明日翔さんのバイクの前にいきました。そして川島陸容疑者の乗用車は北島明日翔さんのバイクと衝突。

aoriunten

この川島陸容疑者の乗用車の衝突が故意だとして殺人容疑で再逮捕されました。

北島明日翔(あすか)さんは搬送先の病院で死亡が確認されました。川島陸容疑者に殺害された北島明日翔(あすか)さんは、首を骨折したことの即死でした。

当時通行していた複数の車のドライブレコーダーの映像や、目撃者の証言などから、川島陸容疑者が事故現場の約4キロ手前から、北島明日翔(あすか)さんのバイクに幅寄せ行為や車間距離を詰めるなどの悪質なあおり行為を北島明日翔さんのバイクに対してしていたことが確認できます。

北島明日翔さんのバイクに対して約3分間にわたってあおり行為が繰り返されており、川島陸容疑者の殺意を証拠づけていると誰が見ても思うのではないでしょうか。川島容疑者は「殺意を持ってはいない」と容疑を否認しています。

川島容疑者は北島さんのバイクを執ように追いかけ、隣の車線から何度も幅寄せしました。4kmにわたりあおり運転をした後、急ハンドルを切ってバイクの前に割り込み、衝突しました。

川島陸容疑者の後続車のドライブレコーダーの映像には北島さんが逃げようとする様子が映っていたということです。
川島陸容疑者Facebook顔画像
川島陸容疑者のあおり運転車を特定

川島陸容疑者のドライブレコーダー

・川島陸容疑者の車には、ドライブレコーダーが付いていた。
・110番通報したのは川島陸容疑者
・警察官が川島陸容疑者の車のドライブレコーダーを押収
・川島陸容疑者のドライブレコーダーにはSDカードが入っていなかった
・SDカードは元からなかったのか
・事故の後、SDカードが抜きとられたのか。

川島容疑者は事故直後に自ら110番し、駆け付けた警察官が川島容疑者の車からドライブレコーダーを押収した。ただ、SDカードは入っておらず、周辺からもカードは見つかっていないという。カードがもともと装着されていなかったのか、事故直後に抜き取られたのかは不明で、府警が詳しい状況を調べている。

産経新聞より引用

川島陸容疑者のドライブレコーダーのSDカードが入っていなかったのか、抜き取られたのか、興味深いところです。

仮に、川島陸容疑者のドライブレコーダーにはSDカードが入っていて、事故後に抜き取られてどこかに捨てられたとなると、本当に許せません。今後の捜査の進展を待ちましょう。

詳細が分かり次第追記していきます。
川島陸容疑者Facebook顔画像
川島陸容疑者のあおり運転車を特定

過去のあおり運転のドライブレコーダー映像

こちらは、2018年7月2日の夜、大阪府堺市南区の路上であおり運転をした上にバイクの後ろからバイクに追突をして、バイクに乗っていた大学生を死亡させたとして、殺人罪で中村精寛(あきひろ)現在43歳が逮捕されました。

この時、逮捕された犯人の中村あきひろが運転していた車のドライブレコーダーからは、衝突後に「はい、終わりー。」と軽く言う、故意にぶつけたと思われる発言が残っていました。

大阪府堺市で中村精寛(あきひろ)被告(40)が運転する乗用車があおり運転を続けた末、バイクに追突し、大学生が死亡した事件では、殺人罪を適用し、中村被告に懲役16年の判決が出ています。当時、あおり運転に殺人罪を認定した異例の判決でした。

この時に争点となったのは、中村精寛被告の「殺意の有無」でした。今回の川島陸容疑者は殺意はなかったと話しています。

川島陸容疑者は北島明日翔さんの運転するバイクに対して、執拗にあおり運転をしています。その後川島陸容疑者は急な車線変更でバイクの前に出るなんて、殺意の他に何があるのでしょうか。

北島明日翔さんは川島陸容疑者の乗用車に追突しくびを骨折したことの即死でした。川島陸容疑者から、執拗にあおり運転をされた時の恐怖は想像を超えるものでしょう。頭の逝かれたドライバーが多過ぎる。
川島陸容疑者Facebook顔画像
川島陸容疑者のあおり運転車を特定

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました