栃木母親切りつけ殺害

栃木県営住宅事件の遺体の娘は「出国失敗」母のパスポート使う

栃木母親切りつけ殺害

2022年3月10日、栃木県上三川町の県営住宅で、住民の50歳女性の遺体が見つかりました。この50代女性橋本啓子さんの娘橋本志穂容疑者は母のパスポートで海外へ行こうとして旅券法違反の疑いで逮捕されています。
栃木県上三川町の県営住宅で遺体で発見された50歳女性と、この女性の娘について調査します。

栃木県営住宅事件の遺体の娘は

栃木県上三川町の県営住宅で、2022年3月10日遺体で発見された50代の女性の娘は20代です。母娘はこの栃木県上三川町の県営住宅で二人で暮らしていました。 50代の女性の母親は橋本啓子さんで容疑者の娘は橋本志穂容疑者です。
2022年3月上旬、栃木県上三川町の県営住宅で遺体で発見された50代の女性は母親です。この栃木県上三川町の県営住宅で遺体で見つかった母親のパスポートを使い、千葉県の成田空港で海外へ行こうとして旅券法違反の容疑で逮捕されていました。イギリスに行こうとしていました。

栃木県上三川町の県営住宅で遺体で発見された50代の母親の娘は、自分のパスポートを持っていなかったんですね。母親と顔がよく似ていたのでしょうか。すごいこと思いつきますね。しかし、指紋認証とかもあるので、他人のパスポートを使用するなんて本人以外は確実に無理でしょう。

どの段階で別人だと判明するのでしょう。出国の保安を通るときですかね。航空会社にチェックインする時は受付カウンターでチェックされるような覚えがありますが、顔見る位なような気がします。しかし、今はコロナで陰性証明やワクチンパスポート等が必要ですから、これらの証明書も母親の名前だったのでしょうか。その辺りの手口も今後明らかになるかもしれません。

詳細が分かり次第追記します。

日本は無事出国できましたが、イギリスで別人だと判明して強制送還されたようです。

栃木県営住宅事件の遺体の50代女性

栃木県上三川町の県営住宅で遺体で発見された50代の女性は、ベランダで死亡した状態で見つかっています。

栃木県上三川町の県営住宅で遺体で発見された時、女性の頭や顔は、刺されたり切られたりした傷が複数ありました。凶器は見つかっていません。遺体は、何かにくるまった状態で見つかっています。

栃木県上三川町の県営住宅で遺体で発見された50代の女性は、娘と二人暮らしでした。栃木県上三川町の県営住宅で遺体で発見された50代の女性の娘は20代です。

栃木県上三川町の県営住宅で遺体で発見された50代の女性は、どこかの会社に勤務していました。警察にこの女性の勤務先から連絡が取れないと通報が入り事件が発覚しました。

この時既に、この女性の娘は海外へ出国しようとして旅券法違反の容疑で逮捕されています。

栃木県営住宅事件の場所

栃木県上三川町天神町の県営住宅です。
栃木県上三川町天神町16-16第4号棟

ベランダは外からも見える場所です。この母娘は何階に住んでいたのか、報道では1階の部屋を映しています。遺体は、何かにくるまった状態で見つかっています。

詳細が分かり次第追記します。


栃木県上三川町天神町の近くには東北本線石橋駅があり、上野東京ラインが停車しますので、東京へ行くのにも便利な場所です。
栃木県の石橋駅から上野東京ラインで上野まで行き、上野駅から京成スカイライナーで成田空港まで行くのに便利な場所です。3時間もあれば着きます。

栃木県営住宅事件近所の住民の声

日頃からもめている様子などはなかったとみられています。

近隣住民「(遺体発見直後の様子は)びっくりしたが、何があったかわからないから『たぶん空き巣かな』と思った」 別の近隣住民は、遺体が発見される4日前、女性の部屋の異変を見ていた。 近隣住民「(亡くなった女性の部屋の)窓が開いていた。ベランダ越しに声をかけたが、全然返事もないし。(カーテンを)ほうきでつついてみたら、布団みたいなのが敷きっぱなしで、人けはないと言っていた」

栃木県上三川町の県営住宅では、遺体の発見4日前には近隣の住民が異変を感じていました。

窓が開いていた。ベランダ越しに声をかけたが、全然返事もないし。(カーテンを)ほうきでつついてみたら、布団みたいなのが敷きっぱなしで、人けはないと言っていた

コメント

タイトルとURLをコピーしました