事件

山田誠容疑者SMBC幹部の画像と経歴「捕まってもいいから挑戦した!」

yamadamakoto事件

2019年から2020年の間の1年間、SMBC日興証券の幹部4人は特定の銘柄の株価が下落しないように、株式市場が閉じる直前に何度も買い注文をして、不正に株の取引をした疑いがもたれていました。強制調査をしていて、山田誠容疑者ら4人から事情を任意で聴いましたが2022年3月4日相場操縦の疑いで逮捕しました。4月13日には、6人が起訴されました。逮捕・起訴された幹部のほとんどは外資からの移籍組です。

「 SMBC日興証券の幹部山田誠容疑者の顔画像と経歴」と題して調べて行きます。
トレボー・ヒル容疑者の顔画像Facebook特定!「華麗なる経歴」SMBC専務執行役員

山田誠容疑者SMBC幹部の顔画像やFacebook

山田誠容疑者は起訴されました。
SMBC日興証券の相場操縦事件で金融商品取引法違反の罪で起訴された元部長山田誠被告が25日夜、勾留先の東京拘置所から保釈されました。同社営業部門の元部長、岡崎真一郎被告も同じく保釈されました。


山田誠容疑者SMBC日興証券幹部の顔画像を調べてみました。
下の顔画像は山田誠容疑者SMBC日興証券幹部が39歳の時の顔画像です。

当時39歳

Bloombergより引用

山田誠容疑者のSNSがあるようですが、まだ発見できていません。
分かり次第追記します。
Facebookでは、山田誠さんはという同じ名前の方はとてもたくさんいらっしゃいました。
これが山田誠容疑者のFacebookだという確定はできませんでした。また詳しいことが分かり次第追記します。

トレボー・ヒル容疑者の顔画像Facebook特定!SMBC専務執行役員

山田誠SMBC日興証券の幹部の経歴

山田誠容疑者の経歴を調べてみました。

 

名前山田誠(やまだまこと)
年齢44歳
生年月日年月日
住所東京都
職業SMBC日興証券 エクティ部長 株式トレーディング業務を担う
出身大学
2015年7月SMBC日興証券入社
ゴールドマン・サックス証券に14年在籍

山田誠容疑者の口癖は「失敗してもいいから挑戦してほしい」と言っていたのは当時39歳ですが、44歳の現在も山田誠容疑者は逮捕を恐れず挑戦したので口癖は変わらずでしょうか。逮捕のリスクは山田誠容疑者は想像できていたのでしょうか。

「失敗してもいいから挑戦してほしい。リスクを取ってほしい」-。SMBC日興証券で株式トレーディング業務を担う山田誠エクイティ部長(39)の口癖だ。約2年前に米系のゴールドマン・サックス証券から移籍。約50人の部下へのメッセージは変化を恐れずに挑戦を続ける自身の姿とも重なる。

トレボー・ヒル容疑者の顔画像Facebook特定!「華麗なる経歴」SMBC専務執行役員

SMBC日興証券本社に家宅捜索に入る東京地検の係官ら=東京都中央区と書いてありますので、山田誠容疑者らのいる日本橋髙島屋三井ビルディング〒103-6120東京都中央区日本橋2-5-1(受付:9階)こちらのSMBC日興証券に家宅捜索に入るところです。

SMBC日興証券の幹部らが相場操縦の疑いで逮捕された事件で、証券取引等監視委員会は、23日午後、幹部ら7人と法人としてのSMBC日興証券を東京地検に刑事告発しました。 SMBC日興証券の幹部ら4人は特定の株価を意図的に維持するため不正な株取引を行った相場操縦の疑いで、今月4日に東京地検特捜部に逮捕されました。 証券取引等監視委員会は、特捜部と共に調査を進めてきましたが、23日、逮捕された4人を含む幹部ら7人と法人としてのSMBC日興証券を金融商品取引法違反の疑いで東京地検に刑事告発しました。 これを受け、特捜部は、幹部らとSMBC日興証券を金融商品取引法違反の罪で起訴する方針で、事件は、大手証券会社が相場操縦の罪で刑事責任を問われる異例の事態に発展する見通しです。 SMBC日興証券は、「告発を重く受け止めている。心よりお詫び申し上げるとともに、関係当局の捜査や調査に誠実に対応し、信頼回復に向け全社をあげて取り組んでまいる」とコメントしています。 (2022年3月23日放送)

 

SMBC日興証券の概要

山田誠容疑者の画像がイケメンな経歴「捕まってもいいから挑戦した!」SMBC幹部

SMBC日興証券本社に家宅捜索に入る東京地検の係官ら=東京都中央区 と書いてありますので、
日本橋髙島屋三井ビルディング
〒103-6120東京都中央区日本橋2-5-1(受付:9階)こちらのSMBC日興証券本社に家宅捜索が入っています。

SMBC日興証券の

SMBC日興証券のホームページより、役員紹介にトレボー・ヒル容疑者の名前があります。
専務執行役員Trrevor Hill と書いてあります。

SMBC日興証券の組織図です。とても大きな組織だという事が一目瞭然です。

その中のグローバルマーケティング部門の中にトレボー・ヒル容疑者のエクイティ本部があります。

このエクイティ本部は、金融市場本部とつながっています。

事件概要

SMBC日興証券の幹部4人が、不正な株取引をくり返していた相場操縦の疑いが強まったとして、4日、東京地検特捜部に逮捕された。

逮捕されたのは、SMBC日興証券の幹部・山田誠容疑者(44)と岡崎真一郎容疑者(56)、ヒル・トレボー・アロン容疑者(51)とアバキャンツ・アレクサンドル容疑者(44)の4人。

山田容疑者らは2019年から2020年にかけて、特定の銘柄の株価が下落しないように、主に市場が閉じる直前に買い注文をくり返すなど、不正に株の取引をした相場操縦の疑いが持たれている。

2021年6月、証券取引等監視委員会が日興証券本社などを強制調査していて、特捜部は山田容疑者ら4人から任意で事情を聴いていたが、相場操縦の疑いが強まったとして、4日に逮捕した。 また、特捜部は4日夜に日興証券本社を家宅捜索していて、不正取引の経緯について実体解明を進めている。

FNNプライムオンラインより引用

2022年3月4日東京地検特捜部が、SMBC日興証券の本社に家宅捜索に入りました。

SMBC日興証券「エクイティ本部」本部長のヒル・トレボー・アロン容疑者(51)と部長の山田誠容疑者(44)とアバキャンツ・アレクサンドル容疑者(44)岡崎真一郎容疑者(56)の4人が相場操縦の疑いで逮捕されました。

山田誠容疑者たち4人は、特定の上場企業の5社の株価を維持する目的で大量の買い注文を入れるなど不正な取引をした疑いです。株取引の経緯などの捜査中です。

逮捕容疑は2019年12月~20年11月、立会取引時間外で株の売却先を募る「ブロックオファー取引」に絡み、5社の株式の終値が下落することを回避するため、大量の買い注文を入れたとしている。関係者によると、ヒル執行役員は特捜部の任意の事情聴取に「相場操縦には当たらない」などと容疑を否認していたという。

関係者によると、不正が疑われているのは、大株主が保有株を大量に売った際に値崩れを避けるため、証券会社が立ち会い取引の時間外に株を買い取り、売却先を募る「ブロックオファー」と呼ばれる取引。

 同社は、売却先が決まった日の終値を大株主からの買い取り基準額としている。終値が低いと買い取り額も低くなり、取引が不成立となる可能性がある。このため、幹部らは20年ごろ、市場が閉じる午後3時の直前に、複数の銘柄の買い注文を繰り返した疑いがあるという。特捜部はブロックオファー取引の買い取り基準額となる終値を高値で維持しようとしたとみている。

金商法は、株価を安定させる目的で株を売買したり、特定銘柄の売買に他者を誘引したりすることを相場操縦として禁じている。違反した場合、10年以下の懲役または1000万円以下の罰金などが科される。法人に7億円以下の罰金を科す両罰規定も設けられている。

 証券取引等監視委員会が21年6月ごろ、相場操縦の疑いで同社本社を強制調査していた。同社はこれまでの毎日新聞の取材に「捜査に関してはコメントを控える」としていた

 

逮捕容疑となった5銘柄のほか、別の5銘柄についても同様の行為が行われていた疑いがあり、山田誠容疑者らSMBC日興証券は計10銘柄のブロックオファーの成立で計約11億円の利益を得ていたようです。

トレボー・ヒル容疑者の顔画像Facebook特定!SMBC専務執行役員

世間の声


わっGSにいた山田誠さん逮捕されてるやん!

まとめ

SMBC日興証券の幹部山田誠容疑者についてまとめました。

山田誠容疑者は、SMBC日興証券の幹部の立場を悪用して、「エクイティ本部」本部長のヒル・トレボー・アロン容疑者(51)とアバキャンツ・アレクサンドル容疑者(44)岡崎真一郎容疑者(56)の3人と、相場操縦の疑いで逮捕されました。

幹部らは、大株主から大量の株を時間外で引き取り、市場を介さずに顧客に個別に売却する「ブロックオファー」と呼ばれる取引をめぐって、不正に買い支えしていた疑いがもたれています。 関係者への取材でヒル容疑者らは、このブロックオファーを成立させ利益を上げるため、社内の複数の部署間で目標とする株価を共有していた疑いがあることがわかりました。

まだまだこれから実態の解明が行われます。詳細が分かり次第追記してきます。

「チーム・ヒル」の中核だったのは、逮捕容疑の5銘柄すべてに関わったとされる山田誠容疑者(44)だ。同本部のエクイティ部長を務めていた。

米国の大学を出て業界の雄、ゴールドマン・サックス証券に入り、「マック」の愛称でトレーダーとして鳴らした。11年前の3月11日、人々が未曽有の地震に逃げ惑う中でも、ひとりヘルメットをかぶり、混乱する金融関連市場をパソコン画面で見守り続けた。同僚は、こうした山田容疑者のタフさを表す逸話はよく聞いたという。

元部下によれば、「仕事と家庭を大事にするパワーエリート」。平成27年にSMBC日興に移り、30代にしてエクイティ部の部長となった。「コンプライアンス意識の塊」。元部下はそう評するが、山田容疑者は「リスクを恐れるな」とも周囲に話していたという。

トレボー・ヒル容疑者の顔画像Facebook特定!SMBC専務執行役員

SMBC日興証券の副社長、佐藤俊弘容疑者は逮捕されましたが、買い方までは報告は受けていないとして容疑を否認しています。部下に責任を押し付けるつもりでしょうか。

山田誠被告からは、株価がこれ以上下がったら、買い支えします。という趣旨のメールを佐藤俊弘副社長は受け取っています。佐藤俊弘容疑者はわかりましたと返信していたようです。


SMBC日興証券(東京)を巡る相場操縦事件で、東京地検特捜部は13日、同社の佐藤俊弘・元副社長(59)を金融商品取引法違反(相場操縦)で東京地裁に起訴した。法人としての同社と、株の売買を行う「エクイティ本部」の元部長も新たに5銘柄で不正取引を行ったとして追起訴した。SMBC日興による不正取引はすでに起訴されている5銘柄を含めて計10銘柄に上り、元幹部ら計6人が起訴され、特捜部の捜査は終結した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました