子4人殺害母

上田綾乃容疑者の顔画像家族や夫は「子宝母の幼子連続殺害」

uedaayano-8子4人殺害母

神奈川県大和市の上田綾乃(うえだあやの)容疑者42歳が殺人の疑いで逮捕されました。
上田綾乃容疑者は、約3年前の2019年8月に当時小学1年生(当時7歳)だった上田綾乃容疑者の次男を窒息死させたとして、2022年2月20日に殺人の疑いで逮捕されました。

上田綾乃容疑者の次男雄大さん殺害の概要

上田綾乃容疑者は、2019年8月6日火曜日午前8時45分から午後3時頃までの間の時間に、上田綾乃容疑者の自宅で当時小学1年の上田綾乃容疑者の次男、上田雄大さんの鼻や口を塞ぎ、窒息させて殺害した容疑です。

当時小学1年生で7歳だった上田綾乃容疑者の次男、雄大さんの死因は窒息死でした。

上田綾乃容疑者の次男雄大さんは、当時小学1年生(当時7歳)で、神奈川県内の児童相談所に保護されていました。しかし事件が起こる数カ月前には上田綾乃容疑者の自宅に戻っていました。

uedaayano-4

上田綾乃容疑者は「何もしていない」と警察の調べに対して容疑を否認しています。
上田綾乃容疑者は、自ら2019年8月6日119番通報しました。
119番通報した当時、上田綾乃容疑者は次男である息子雄大さんが具合が悪くなったと話したといいます。

当時、上田綾乃容疑者の次男である息子の上田雄大さんが搬送された病院からの通報を受けて警察が捜査していました。

上田綾乃容疑者には、窒息死した次男のほかに子供は、男女3人いました。
しかし、上田綾乃容疑者の子供は、男女3人とも幼いころに既に死亡しているようです。警察はこの既に死亡している上田綾乃容疑者の子供3人の死亡との上田綾乃容疑者の関連をも含めて今回の上田綾乃容疑者の次男の殺害を捜査しています。

追記です。
上田綾乃容疑者は、次男の上田雄大さんが搬送される時「ぜんそくの持病がある」と言っていました。 近所の人には、「雄大さんは朝起きたら死んでいた」と話していました。上田綾乃容疑者は、事件の発覚を回避しようとしたようです。

上田綾乃容疑者Facebookや顔画像

上田綾乃容疑者の顔画像です。
はっきりとは分かりませんが、切れ長の美しい目がマスクをしていても印象的に見えます。42歳にしては若く見えます。

uedaayano-31
AmebaTVより引用

uedaayano-42
朝日新聞より引用

uedaayano-51

uedaayano-52

テレ朝日newsより引用

上田綾乃容疑者のFacebookは検索しましたが本人のものと断定できるものはないようです。
uedaayano-2

上田綾乃容疑者のTwitterを調べてみました。
こちらも、上田綾乃容疑者本人と特定できるものは分かりませんでした。

uedaayano-3

今後も上田綾乃容疑者のものかどうか分かり次第追記します。

上田綾乃容疑者に夫はいるのか家族構成

【追記】
上田綾乃容疑者の元夫が取材に答えています。
2002年と2003年に亡くなった長男・長女は、前夫との子供のようです。上田綾乃容疑者の元夫は42歳です。
2002年と2003年に亡くなった長男・長女は、二人とも元夫が仕事に行っている間に危篤状態になったようです。当時元夫の元にも連絡が行っています。亡くなった子供の火葬の時、上田綾乃容疑者は耐え切れず帰るときに涙が止まらない様子だったそうです。元夫には上田綾乃容疑者はとても優しい女性だったそうです。

上田綾乃容疑者の次男の雄大さんは3人目の子供です。
上田綾乃容疑者には、現在は雄大君の父親の内縁の夫と同居していました。

雄大君が亡くなった時に旦那さんは号泣していたという近所の人の証言が報道にてありました。

追記です。

司法解剖で死因は低酸素脳症の疑いと判明し、雄大君の後頭部に皮下出血が確認された。県警は、法医学者らの意見を踏まえ、何らかの暴行を受けたと判断。事件当時、上田容疑者と雄大君が二人きりだったことなどから、他に関与できる人物はいないとして逮捕に踏み切った。
読売新聞より引用

読売新聞によりますと、上田綾乃容疑者は事件当時、次男の上田雄大くんと二人っきりだったと書いています。母子家庭だった可能性も推測できます。

上田綾乃容疑者には子どもが4人おり、雄大さんが3人目。他の3人はいずれも生後2カ月から1歳までに死亡したということです。当時上田綾乃容疑者の夫はどうしていたのかなど捜査の行方を待ちたいです。

 捜査関係者によると、雄大さんは3歳ごろまで県内の児相に保護された後、自宅に戻って両親や弟と暮らしていた。しかし17年4月に当時1歳の弟が死亡したことを機に雄大さんが児相に再び保護され、18年末に自宅に戻った。

上田容疑者の自宅付近の住民は数年前、雄大さんを保護するため駆けつけた児相職員に、容疑者が「絶対に渡さない」と叫んだのを聞いたと証言した。一方、複数の住民によると、19年8月に雄大さんが救急搬送された際、上田容疑者は取り乱すこともなく落ち着いて対応していたという。
毎日新聞より引用

上田綾乃容疑者の次男雄大さんは3歳ごろまで神奈川県内の児童相談所に保護されていたそうです。その後自宅に戻って両親や弟と暮らしていたと報道されています。

しかし、2017年4月に当時1歳の弟が死亡したことを機に雄大さんが児相に再び保護され、18年末に自宅に戻ったようです。その後2019年の8月に上田綾乃容疑者の雄大さんは窒息死で死亡しています。
上田綾乃容疑者は次男の雄大さんを保護するために駆けつけた児童相談所の職員に、上田綾乃容疑者が絶対に渡さないと叫んでいたことを近所の住民が証言しています。
上田綾乃容疑者の次男雄大さんは、過去少なくとも2回は児童相談所に保護されていました。

上記の報道により、上田綾乃容疑者には内縁の夫が同居しています。

上田綾乃容疑者のこどもたちの不審な死

上田綾乃容疑者の子供たちの不審な死を整理してみました。
報道されているものを時系列に並べています。

2002年・2003年長男と長女が亡くなる いずれも生後半年未満で死亡
(前夫との子供)
2012年〇月雄大さん生まれる
2012年〇月雄大さん生後五か月で心肺停止で救急搬送されていた
2016年〇月雄大さんの弟生まれる
2017年〇月雄大さんの弟(当時1歳)亡くなる
2017年〇月雄大さん児童相談所に保護
2018年末雄大さんは児童相談所から自宅に戻る
2019年8月6日(火)午前中~15時頃の間雄大さん窒息死(当時7歳)

捜査で明らかになり次第追記します。

追記
上田綾乃容疑者の次男雄大さんは、生後五か月で心肺停止で救急搬送されたこともあります。
2年半近く児童相談所に保護されたこともあります。

追記
2002年と2003年に亡くなった長男・長女は、前夫との子供のようです。
上田綾乃容疑者は現在内縁の夫と同居しているようです。

上田綾乃容疑者の自宅近隣住民の話

上田綾乃容疑者は、子供がなくなった時にとりみだしたりはしていないと近所の住民は不思議に思っていました。
男の子が2人女の子が1人いたようです。2002年から2015年の間に死亡していたことが分かっています。

近隣住民「救急車来て2、3日後かな。(上田容疑者が)雄大も検査したけど、なんのあれか(死因が)わからないって言われたって。自分が情けないって言ってたからね」

FNNプライムオンラインhttps://www.fnn.jp/より引用

救急車が来て2、3日後くらいに雄大も検査したけど、なんの死因かわからないって言われたって。上田綾乃容疑者は自分が情けないって言ってたと近隣住民は話しています。

上田綾乃容疑者の次男の雄大君のクラスメートだった男子児童は夏休みが終わった後、校長先生から雄大君は家で一人でいて熱中症で救急車で運ばれたが助からなかったと説明があったと話しています。

上田綾乃容疑者の勤務先

上田綾乃容疑者(42)は、自称看護助手です。
上田綾乃容疑者の勤務先の病院等現在調査中です。分かり次第追記します。

上田綾乃容疑者の自宅

上田綾乃容疑者の自宅は、神奈川県大和市西鶴間3丁目の閑静な住宅街です。
アパートの101号室とみられます。 サンハイツ101号室です。

〒242-0005 神奈川県大和市西鶴間3丁目7−4

uedaayano-7

毎日新聞より引用

グーグルマップです。
こちらのサンハイツの101号室に上田綾乃容疑者と次男の上田雄大君が住んでいたものと思われます。

sannhaitu-1
uedaayano-1

sanhaitu-2

uedaayano-5

上田綾乃容疑者の自宅のアパートの不動産情報です。家の間取りなどの画像はありませんでした。
上田綾乃容疑者の自宅アパートから小田急江ノ島線鶴間駅まで徒歩7分です。
徒歩圏内の施設充実度は、生活の便利さや、教育学びにもよい環境の場所と推測できます。

uedaayano-10

ホームズHPより引用

上田綾乃容疑者の自宅の近くの小学校を調べました。
上田綾乃容疑者の次男雄大さんは、大和市立西鶴間小学校又は、大和市立大野原小学校に通学していたと推測できます。小学校1年生の2019年8月6日に死亡しているという事は、前期の期間は小学校に行っていたかもしれません。
しかし、上田綾乃容疑者の次男雄大さんは児童相談所で保護されていたという報道がありますので、上田綾乃容疑者の次男雄大さんはこの小学校には通っていなかった可能性もあります。
uedaayano-21

上田綾乃容疑者の自宅アパート周辺には、夜間救急の病院や市立病院も近くにあり、とても便利な環境の場所です。

uedaayano-12

上田綾乃容疑者の事件の見解

秋山博康氏 元徳島県警捜査第一課警部/犯罪コメンテーターのコメントです。
上田綾乃容疑者の容疑についてコメントされています。

uedaayano-6

YahooNEWSより引用

この上田綾乃容疑者(42)の次男殺害容疑の事件は、2年半も前に発生した殺人事件で母親を逮捕している事犯でありますが、長期間の内偵捜査の結果から母親の容疑を固めたものでしょう。

上田綾乃容疑者は、被害者の次男の鼻や口を塞いで窒息死させて殺害しています。
通常、母親が自分の子供を殺害するときは、本能的に被害者が苦しまないような方法で殺害します。例えば、柔らかいタオルを被害者の鼻と口を塞いで殺害する場合が多いです。
このような場合であれば、発生直後の本件を認知したときに、そのタオルを押収して唾液のDNA鑑定をして犯行共用物とします。

しかし、上田綾乃容疑者の犯行はそのような直接的な証拠が得られず、第三者の犯行でないことを証明する間接証拠を収集した結果と思われます。

過去における上田綾乃容疑者の3人の子供も同様の死亡結果であった可能性が高い。本件上田綾乃容疑者の次男上田雄大さんの殺害の捜査を進めると同時に、余罪の3人についても捜査する必要があります。

とコメントされています。

今後の捜査で、過去の上田綾乃容疑者の他の子どもたちの死亡の経緯なども解明されるかもしれません。

追記 上田綾乃容疑者は「代理ミュンヒハウゼン症候群」

3年前、神奈川県大和市で当時7歳の息子を窒息死させたとして、42歳の母親が逮捕された事件で、母親が周囲の関心を引くために子どもに危害などを加える「代理ミュンヒハウゼン症候群」の可能性があるとして、市などが対応していたことが分かりました。 自称・看護助手の上田綾乃容疑者は2019年8月、大和市の自宅アパートで当時、小学校1年生だった二男の雄大くんを窒息させ、殺害したとして21日朝、送検されました。 関係者への取材で、雄大くんは生後5か月だった2012年10月にも自宅で心肺停止となり、救急搬送されていたことがわかりました。 上田容疑者の長男と長女も過去に死亡していたため、大和市などは上田容疑者が周囲の関心を引くために子どもに危害などを加える「代理ミュンヒハウゼン症候群」の可能性があるとして対応し、雄大くんは2年半近く児童相談所に保護されたということです。 その後、2017年に三男が死亡し、雄大くんは再び保護されていました。 近隣住民「(児童相談所に)お子様を引き取られるというのがあって、奥様が『絶対渡さない!』みたいな感じでは言ってたよね」 雄大くんは児童相談所から自宅に戻った約8か月後に死亡していて、警察は他のきょうだいが死亡した経緯も含めて詳しく調べています。

上田綾乃容疑者は、母親が周囲の関心を引くために子どもに危害などを加える「代理ミュンヒハウゼン症候群」の可能性があるとして、市などが対応していたことが分かりました。 と報道されています。

子供の病気をわざとつくる

上田綾乃容疑者の次男の雄大くんは、生後5か月だった2012年10月にも自宅で心肺停止となり、救急搬送されていたことがわかりました。 上田容疑者の長男と長女も過去に死亡していたため、大和市などは上田容疑者が周囲の関心を引くために子どもに危害などを加える「代理ミュンヒハウゼン症候群」の可能性があるとして対応し、雄大くんは2年半近く児童相談所に保護されたということです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました