「帯広の森」死体遺棄高校教師

片桐朱璃(しゅり)の顔画像と経歴「人が良さそうなのに」帯広農業高校の男性教諭

katagirisyuri「帯広の森」死体遺棄高校教師

5月30日午後8時ごろ、北海道の帯広市南町の「帯広の森」の公園の雑木林の土の中に、女性の遺体を埋めた疑いで北海道帯広農業高校の男性教諭の片桐朱璃(しゅり)容疑者が逮捕されました。
片桐朱璃(しゅり)容疑者の顔画像、経歴、被害者女性宮田麻子先生47歳との関係を調査しました。

被害者の宮田麻子先生は北見緑陵高等学校「英語教師」

片桐朱璃(しゅり)容疑者の顔画像

片桐朱璃(しゅり)の顔画像です。どこにでもいそうな優しそうな先生です。

katagirisyuri

katagirisyuri

引用:北海道放送

この男が、女性を殺害して遺体を運んで埋めているところを想像すると恐ろしいです。生徒たちにも何らかの影響がでます。慕っていた先生だったのに。

片桐朱璃(しゅり)という名前はとても珍しい名前です。なかなか同姓同名は存在しないと思います。facebookのアカウントを調査しましたが、同じ名前のアカウントはありませんでした。

katagirisyuri

以前保護是責任者遺棄で逮捕された男です。片桐しゅり容疑者もこのような感じだったかもしれません。

katagirisyuri

katagirisyuri

片桐朱璃(しゅり)容疑者の詳細がわかりましたら追記していきます。

被害者の宮田麻子先生は北見緑陵高等学校「英語教師」

追記)宮田麻子さん殺害の凶器はシートベルト

片桐朱璃(かたぎりしゅり)容疑者は、宮田麻子さんを車のシートベルトで首を絞めた事がわかりました。片桐朱璃と宮田麻子さんは車内で首を絞めて殺害しました。交際のもつれだと報道されています。

人がよさそうで配偶者や子供もいる先生たち。これからいろいろな事実が判明したら生徒たちもショックですよね。二人の間に何があったのかまだまだ今後の捜査の行方を見守りたいです。

北海道帯広農業高校の片桐朱璃(しゅり)容疑者の経歴

片桐朱璃の勤務高校です。この画像はニセコ高校の画像です。5名の先生がこの時に新採用、転任されています。校長先生はマイクの前の人物でしょう。新卒採用が2人です。二人は細身で少し猫背でした。これは見た目からですが、女性の隣のガタイのしっかりした男性は胸を張って堂々としていました。この男性が片桐朱璃(しゅり)なのではないかと推測してしまいます。

katagirisyuri
【勤務高校名】

  • 真狩高校
  • ニセコ高校2021年4月赴任
  • 美幌高校
  • 帯広農業高校2022年4月赴任 野球部の副部長を担当していました。

二人は2022年3月まで同じ学校の美幌高校(美幌町)にいました。
katagirisyuri

前任地の美幌高校(美幌町)の卒業生の保護者男性は「片桐先生は確かにうちの農業科の先生でした。子どもから話を聞いていた限り、月並みなコメントですが、そんなことをする人とは思わなかった。朝、ニュースを見て言葉を失いました」と話した。同町の農業関係者は次のように振り返る。

片桐しゅり容疑者は、2012年4月~ニセコ高校勤務 2012年は10年前ですので、片桐しゅり容疑者は25歳頃と推測できます。

ニセコ高校勤務の前は真狩高校でした。
現在2022年4月から勤務していた帯広農業高校の前任の高校は美幌高校でした。

katagirisyuri

北海道の高校の異動のリストです。

katagirisyuri

片桐しゅりが4月から勤務していた帯広農業高校から、遺体遺棄現場の「帯広の森」までは車で2キロメートルの距離です。

katagirisyuri

片桐しゅり容疑者を知る人物は、本当に優しい先生で人当たりがよく温和な人物だったと語っていました。

katagirisyuri

被害者の麻子先生は北見緑陵高等学校「英語教師」

宮田麻子さん47歳と片桐朱璃(しゅり)の関係「不倫かストーカーか」トラブル

片桐朱璃と被害者の女性は前任の高校で同僚でした。宮田麻子さん47歳です。片桐朱璃は35歳で12歳の年の差があります。

被害者の宮田麻子先生は北見緑陵高等学校「英語教師」

miyataasako

引用:北海道文化放送

2人は以前から面識があり、被害者女性の夫も片桐朱璃を知っていたのでしょうか。捜査で片桐しゅり容疑者が浮上しています。

miyataasako

片桐しゅり容疑者の前任の高校は美幌高校です。被害者の女性宮田麻子先生も高校教師で同じ時期にそれぞれ他の学校へ異動しています。

5月29日は日曜日でした。学校もお休みの日に片桐しゅり容疑者と宮田麻子先生は会っていました。

片桐しゅり容疑者が遺体を埋めたのが30日の夜です。29日の午後から丸一日あります。30日は月曜日で学校もあったでしょう。

2人とも既婚です。2人の間のトラブルは何だったんでしょう。片桐しゅり容疑者の一方的な好意がトラブルに発展した可能性もあります。

5月30日に、この遺体とみられる女性の夫から「きのう(29日)午後に妻が外出してから戻らない」という相談が警察にあり、その後、夫の話から片桐容疑者が浮上しました。  警察が31日、片桐容疑者に事情

を聴くと、当初は関与を否定したものの、1日になって女性の遺棄を認め「車で運んだ」などと話したということです。

katagirisyuri

片桐しゅり容疑者と被害者女性は現在は同じ勤務先の高校ではありません。しかし、数か月前の2022年3月までは同じ高校の勤務先の同僚だったのでしょう。この二人の間の出来事はこれから明らかになってくることでしょう。

katagirisyuri

引き続き詳細を調査していきます。

被害者の宮田麻子先生は北見緑陵高等学校「英語教師」

宮田麻子先生と片桐しゅり容疑者は年の差12歳

宮田麻子先生は47歳です。片桐しゅり容疑者は35歳です。二人の間には年齢差が12歳あります。宮田麻子さんの死因は窒息死でした。片桐しゅり容疑者に首を絞められて、着衣に乱れはありませんでした。

katagirisyuri

殺害するとなると余程の恨みや怒りがないとできません。凶器がありませんので、事前に準備などしていないことがわかります。計画的ではなく突発的だったのでしょう。

(追記)宮田麻子さんは車のシートベルトで首を絞められて殺害されました。

職場も離れた二人が日曜日の休日に2人っきりで会うということは、何か男女の関係があるとみます。宮田麻子さんは47歳ですがとてもお綺麗な女性です。

殺害したであろう後に片桐しゅり容疑者は、遺体を埋めて隠そうとしました。逃れられると思ったのでしょうか。殺害してしまった事は理由など含め知られたくなかったのでしょう。

宮田麻子先生の夫が行方不明届を出し、片桐しゅり容疑者に事情を聴いています。宮田麻子さんは、夫に片桐しゅり容疑者と会う事を告げてから外出したのかもしれません。

5月29日日曜日の午前中に、釧路に行くと家を出た宮田麻子さん。29日の夜まで夫と連絡は取れていたことが分かっています。その後宮田麻子さんと夫の連絡は途絶え、5月30日に宮田さんの夫が警察に相談しました。

宮田麻子さんは片桐しゅりと会っている間も、夫とは連絡を取っていたのでしょう。そのやり取りの中に何か重要な内容があるのかもしれません。

北見から釧路は近いのですが、釧路から帯広は車でも2時間近くかかります。宮田麻子さんは帯広を訪れていたと報道にあります。夫には釧路に行くと告げ実際は帯広に行っていた。帯広は片桐しゅりの勤務する学校も帯広市です。

miyataasako

もし片桐しゅりと宮田麻子さんが不倫をしていたのならば夫に告げるでしょうか。

被害者の宮田麻子先生は北見緑陵高等学校「英語教師」

片桐しゅりの大学は酪農学園大学

片桐しゅりの大学は酪農学園大学だとほかのサイトでも報じています。大学院も行っていた片桐朱璃。論文などもたくさん発表していたようです。もしかしたら、論文の捏造や盗作などもしかした知られたくない秘密があったのかもしれません。

二時間ドラマの見過ぎでしょうか。事実は小説より奇なり

katagirisyuri

 

片桐しゅりの家族は「妻子がいる」

片桐朱璃容疑者は、数年前に結婚をして自宅周辺では赤ちゃんを抱いて歩く姿を見たという人もいたと報道されています。

奥様とご主人(片桐容疑者)とお子さんの3人でいらした。お子さんはご主人が抱きかかえていたとの証言もあります。

子供を抱きかかえていたという事は、本当にまだ小さいお子さんなのでしょう。大切な家族がいる先生がこのような事件を起こして、奥様が心配です。

追記)奥様も教師だと報道されていました。片桐朱璃容疑者には子供が3人いるとの報道がありました

謎が深まるばかりの事件です。

被害者の宮田麻子先生は北見緑陵高等学校「英語教師」

北海道帯広農業高校

片桐朱璃は2022年4月から勤務していた高校は、北海道帯広農業高校です。片桐朱璃は北海道帯広農業高校に勤務してまだ2ヶ月ほどでした。北海道帯広農業高校銀の匙のモデルの高校です。

2019年に放送された「なつぞら」NHKの朝ドラで広瀬すずさん主演のドラマのモデルにもなっていた学校です。

被害者の宮田麻子先生は北見緑陵高等学校「英語教師」

帯広の森に遺棄

片桐しゅり容疑者は「帯広の森」に被害者女性の遺体を遺棄しました。

北海道帯広市河西郡芽室町にあります。色々なスポーツが楽しめる場所です。たくさんの人が訪れる場所に遺棄した片桐しゅり容疑者は 帯広の森によく来ていたのでしょう。

obihironomori

片桐しゅり容疑者は、帯広の森の雑木林に遺棄しています。

被害者の宮田麻子先生は北見緑陵高等学校「英語教師」

obihironomori

帯広の森は広大な土地です。競技場などから外れると木々がお生い茂り人影も少ないようです。帯広の森は24時間開放されています。

katagirisyuri

 

片桐朱璃の事件概要

  • 5月30日「5月29日の午後に妻が外出してから戻らない」とこの遺体とみられる女性の夫が警察に相談
  • 5月30日雑木林に埋める(帯広市南町の「帯広の森」)
  • 5月31日事情を聴いた際、当初は関与を否定していました
  • 6月1日になって片桐しゅり容疑者は女性の遺棄を認めました
  • 「車で運んだ」と供述
  • 道路から10~20メートルほど離れた場所に埋められていた
  • 女性は衣服を身に着けていました
  • 被害者の宮田麻子さんはシートベルトで首を絞められて殺害された

katagirisyuri

被害者の宮田麻子先生は北見緑陵高等学校「英語教師」

有関心倶楽部

コメント

タイトルとURLをコピーしました