この本は僕の経験値を生んだネタバレ95話!理緒との関係が世間にばれてしまった元太は

この本は僕の経験値を生んだ 漫画ネタバレ

ピッコマで連載されている「この本は僕の経験値を生んだ

最新話 95話ネタバレ感想です。

文字のみのあらすじですが、ネタバレ注意です。

おねこ
おねこ

U-NEXTの無料登録では漫画が無料で読めますよ!
U-NEXT公式サイト

以下、この本は僕の経験値を生んだ95話ネタバレです。

この本は僕の経験値を生んだネタバレ95話!理緒との関係が世間にばれてしまった元太は…

理緒との関係が世間にばれてしまった元太は車の中で理緒にこれからどうしたいのか理緒の望みを聞きます。

すると、理緒は元太とは別れたくないと言います。
しかし、長い間の夢が叶ったことを考えると役者はやめたくない。
ということで理緒と元太は別れたことにしようという結論にいたります。

その後、理緒と分かれた元太は居酒屋でやけ酒をしながら自分を責めます。
心のどこかで交際を世間から認めて欲しかった気持ちがあったと言う元太は人気を得るときは簡単だけれども
失う時は一瞬だということをあらためて言われた元太はあらためて物寂しさを感じます。

その後、ネットでは元太と理緒が別れたことが報道され、報道が出てすぐ分かれたことに対する批判的なコメントや似合っていたのに残念など賛否が分かれます。

このコメントを新幹線のなかで読んでいた本田は元太に真実かどうか質問しますが元太は話したくないと話をそらします。

二人は新幹線で、脳腫瘍と鍼の治療をテーマにした学会発表に向かう途中でした。
この治療は漢方薬から抽出した成分を鍼で直接脳腫瘍に届ける治療らしく
白い本に登場する行かれた医者でもやったことはない研究だと元太は驚きます。

そのとき、新幹線のアナウンスで元太と本田は斉藤先生のいる3号車に呼び出され、移動します。
3号車についてすぐに斉藤先生から鞄を取ってくるように叫ばれます。
3号車で急患がおり、斉藤先生が治療にあたっていました。

斉藤先生はとりえず鍼を打ちます。斉藤先生の処置の腕に感動する本田と教授ですが元太だけは最後に刺す鍼はより慎重に刺すべきだと緊張しています。
すると集中し、少し疲労した斉藤先生は元太に最後の鍼を刺すように託します。

戸惑う元太ですが医者はどんな状況でも最適な手段を選ぶ物であり斉藤先生は元太に託すことが最も最善なと判断したと強く言います。
すると、横にいた元太と初対面の教授は斉藤先生の判断に疑問をぶつけます。
元太が若いことや学生でありまだ国家資格を持っていないことを心配だと言い斉藤先生に賛同しません。

しかし、斉藤先生は緊急事態であり、自分が監督し責任をとるとつげ、元太に託します。
元太が施術にとりかかろうとしたとき、新幹線が大きく揺れます。
動揺する車内ですが元太は集中し、自分だけの空間のように気合いを込め、鍼を刺します。

無料又はお得に漫画が読めるオススメの電子書籍サイトはこちら!

漫画を読むには、

電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおすすめです!

電子書籍サイト多くが、初回限定で無料ポイントがあります。
無料で、お好きな漫画が読めます!



無料会員登録で無料漫画が3000作品以上!!

公式サイトはこちら


 

無料お試しが31日間で600円分のポイントGET!
さらに作品購入でポイント40%還元

公式サイトはこちら



無料お試しが2週間で900円分のポイントGET!
さらに作品購入で20%還元
公式サイトはこちら


無料会員登録で50%off。無料作品も豊富

公式サイトはこちら

この本は僕の経験値を生んだ~95話 感想

前回の続きから理緒と元太が別れるかと言う話でしたが、結果、別れたことにしようという結論になりました。
別れるではなく別れたことにするということなので付き合った状態は続くようです。
今後の二人の関係はどのように変化していくのかもまだまだ気になるところです。

しかし、しばらくは恋愛はなさそうですね。今回の新幹線での緊急施術にはじまり、次は医療分野の鍼での元太の活躍が期待できそうです。
学会ではどのようなトラブルに巻き込まれていくのでしょうか。
東洋医学の経験値が10000を超えた際に得た憑依する力「借力」を今回使う機会がくるのではないでしょうか。新しい脳腫瘍の研究への参入も楽しみです。

また、そろそろ、格闘や鍼、料理以外の経験を得ることにも期待です。

この本は僕の経験値を生んだ96話はこちら
タイトルとURLをコピーしました